厄年の本当の意味とは?お祓いは受けるべき?過ごし方は?


お正月が来ると、今年は厄年だから気を付けなければならない、と周りから言われて、お祓いに行っておかなければ!という気持ちになる人も多いのではないでしょうか。厄年は日本に長年根付いてきた伝統的な考え方で、今なお、その考え方が受け継がれています。しかし、本当の意味や過ごし方などを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

厄年にはどんな意味があるのか、またお祓いは行くべきなのか、どんな風に過ごしたら良いのか、などをまとめていきます。


スポンサードリンク


厄年の本当の意味って?

厄年は、災厄が起こりやすい年齢だとされています。平安時代よりも昔から日本に根付いてきた考え方で、陰陽道の教えが始まりだと言われていますが、科学的に根拠があるものではありません。

大厄と言われる女性にとっての33歳、男性にとっての42歳、その前後の1年ずつである前厄後厄は、昔は子育てを終えたり家督相続をする人生の転換期の年齢でした。そのため、この年齢から神社仏閣において役が果たせる厄年になったと言われています。

 

厄年はいつ?

厄年の年齢は男性、女性、それぞれ違ってきます。下記の表通りになります。
※数え年の年齢です。黄印は大厄になります。

厄年にお祓いは受けるべき?効果はあるの?

厄年を迎えると、厄払いに行かなければと不安な気持ちになる人は多いです。しかし、前厄から後厄まで3年連続でお祓いに行くのはなかなか大変です。大厄のみお祓いに行き、前厄と後厄には行かないという人も実際には多いです。

お祓いに行かなければ災難が訪れるという訳ではなく、気持ちの問題ですので、特に気にする必要はありません。お祓いに行っておけば安心できるという程度です。ただし、お祓いに行かなくても、災難が起こりやすい年齢であることを心に留めておきましょう。

 

厄年を上手く乗り切るための過ごし方は?

大厄である男性の42歳女性の33歳は、人生の節目であり、体調や体質などが変わってくる年齢です。そのため、自分自身を見つめ直し、気を引き締めることが大切です。厄年だから何もしないというのではなく、生活習慣や体調管理などに気をつけるのがポイントです。

厄年には、起業や結婚、家の新築や引越しなどの人生における大きなイベントは避けた方が良いと言われます。しかし、3年も避けるのは難しいため、注意して過ごすことが大事です。
また、厄年の出産は「厄落としになる(悪いことから逃れられる)」とされ、縁起が良いとも言われています。


スポンサードリンク


厄年にするといい事、注意する事は?

厄払いの方法として、お守りやパワーストーン、念珠といった、厄除けグッズなどを購入するのもおすすめです。

 
また、体調に変化のある年齢ですので、人間ドックなどを受けてみるのも良いでしょう。

 
ご先祖様を敬って、お墓参りやお墓の掃除をするのも効果的です。

 

厄払いに出かけたから大丈夫。と前向きな気持ちで過ごすことも心身の健康のために大切なことです。

厄年だからと言って、ことさらに恐れる必要はありません。色々な行動を起こすのに慎重になりましょう。という意味合いだと捉えて、気にし過ぎないようにしましょう。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼