秋冬の紫外線量や強さは?日焼け止めなど対策は必要?


紫外線が気になる季節が終わっても、お肌のケアを気にする人なら秋冬も油断は禁物です!春や夏の紫外線の強さは誰もが知るところですが、過ごしやすい秋や寒い季節の冬でさえも紫、外線は降り注いでいるものです。

紫外線ケアを怠りがちな季節だからこそ注意をしつつ、お肌の老化を進ませる原因を避ける事は大切です。春や夏ほどの完璧で徹底したケアではなく、日常生活において活用出来る紫外線対策の知識を身につけましょう。


スポンサードリンク


秋冬の紫外線量や強さはどのくらい?

4月から6月にかけて紫外線量は段々と増え続け、7月や8月は言わずと知れた紫外線対策が必須な季節です。になるとその量は減少していき、真冬になると体で紫外線を感覚的に感じる事は少ないため、ほとんど対策をしなくなるものです。ところが秋には夏の半分ほどの量の強さがあり、冬でさえも5分の1ほどの量があります。

つまり寒い季節であっても関係なく、お肌の老化の原因は年間通して存在しているという事になります。そのためケアを忘れがちな秋冬だからこそ意識する必要があります。

 

秋冬も日焼け止めは必要?おすすめの紫外線対策は?

 
それでは、実際に秋冬の紫外線対策はどのようにしていけば効果的でしょうか。夏の対策はSPFが高めの日焼け止めを使い、強力にカットする場合が多いです。
ところが秋冬に同じように高い数値のクリーム等を使ってしまうと、お肌にとっては負担となってしまう場合があります。それは季節柄、外気が乾燥するためお肌は水分不足になります。そこに強い成分をもつクリームで紫外線のケアをすると、乾燥肌となってしまう可能性があります。秋冬のケアにはSPF低めで保湿効果のあるものを利用するのがオススメです。

また、目からの紫外線対策としてUVカット機能のあるメガネやサングラスも季節に関係なく大切なアイテムとなります。


スポンサードリンク


ウインタースポーツは特に日焼けに注意!

 

寒い季節は、夏ほどの強力な成分を含むクリームを使う必要はありませんが、スキーやスノボなどのウインタースポーツを楽しむ場合は注意が必要です。雪山などでのスポーツは紫外線が反射するため、かなり日焼けをしてしまいます。ある意味夏と同じようなケアが必要となり、その日焼けの強さを理解しておかなければなりません。

もちろんしっかりとした日焼け止め対策に加え、十分な水分や適切な油分での保湿ケアを忘れずに乾燥対策にも力を入れましょう。

 

飲む日焼け止めを活用して楽に紫外線対策!

 

メイクをする前にSPFが軽めのクリームやミルクにジェルなどを利用し、保湿をしながら対策をするのは毎日のスキンケアの基本となります。それに加えて体の中から対策が出来る、飲む日焼け止めの利用も効果的です。

飲む日焼け止めサプリメントのホワイトヴェールなどは、研究開発によって登場したニュートロックスサンの力によって、紫外線に対する抵抗力を高めます。

また美容成分も含み全身ケアをサポートするのに有効とされています。目からの紫外線対策もバッチリ行えるので便利です。



初回は980円で購入できて、解約もいつでも可能、しかも90日間全額返金保証付きなので、気軽にお試しできるのも良いですね^^

サプリだから、1日中OK♪カンタン太陽ケア【ホワイトヴェール】

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼