二日酔いにウコンがなぜ効くの?より効果的な飲み方や摂取量は?


お酒を飲んでいる間は楽しく過ごせていても、その後に二日酔いになってしまうと、本当につらい思いをすることになります…()´д`()

二日酔いを予防するためにはウコンが良いといわれていますが、なぜウコンが二日酔いに効果があるのかまで知っている人は少ないでしょう。ただウコンをなんとなく使っているだけでは、ウコンの効果を最大限に利用できていない可能性があります。そこで今回は、二日酔いにウコンが効く理由や、より効果的な飲み方、摂取量について紹介していきます。


スポンサードリンク


ウコンが二日酔いに効くのはなぜ?

二日酔いになる原因には色々なものが関係していますが、中でもアセトアルデヒドの影響が大きいでしょう。これは肝臓でアルコールが分解される時に産生される物質です。

こういった原因で起こる二日酔いには、肝臓の働きを助ける物質であるクルクミンを摂取することで、二日酔い予防になります。この成分はウコンにだけしか含まれないもので、色々な種類があるウコンの中でも、秋ウコンに最もたくさんの量が含まれていることがわかっています。

 

ウコンを飲まない方がいい人って?

ウコンを服用する時には、少し注意しておかなくてはいけないことがあります。ウコンは食品でありながら体への影響が強いものなので、中にはウコンを飲まないほうがいい人がいます。

・肝機能障害
一つ目は肝機能障害を持つ人です。ウコンには鉄分が多く含まれていて、肝臓が悪い人の場合には、体の中の鉄分が多くなりすぎることがあるようです。

・妊娠中
他には、妊娠中の方はウコンの持つ老廃物を排出するちからで流産を起こしやすくなるので、飲まないほうがいいでしょう。

・糖尿病
またウコンは血糖値を下げる作用もあるので、糖尿病の方が飲むと血糖値が安定しなくなることがあります。


スポンサードリンク


二日酔いにより効果的な飲み方って?

 
ウコンを二日酔いの予防として使用する時には、飲むタイミングや量が重要です。

1日の目安摂取量1.5から3gです。これよりも少ないと効果があらわれにくくなることがあるので、きちんと量を確認しましょう。

ウコンを飲むのは飲酒前が適しています。お酒を飲むことがわかっている時には、事前にウコンを飲めるように準備しておきましょう。

このようにウコンを飲む適切な時期と適正量を守ることで、ウコンの力を最大限発揮できます。

 

手軽に飲める秋ウコンホワイトがオススメ!

 
二日酔い予防でウコンを利用する時には量とタイミングが重要ですが、忙しい生活の中でそこまでするのは大変かもしれません。そのような時には手軽に飲める「秋ウコンホワイト」がおすすめです^^


この商品に含まれるテトラヒドロクルクミノイドは、クルクミンが消化された後の形で非常に吸収力が高いため、通常のウコンよりも強力な二日酔い防止効果があります。
そしてタブレット型なので、持ち運びがしやすく、水のない場所でも飲むことができるので外出時にも便利に使えます^^ また、ウコン特有の苦みを抑えたレモン風味になっていることも特徴で、美味しくウコンを飲むことができます。

→ その二日酔い・悪酔いに、白い秋ウコンのちから。

ウコンパワーを借りて、二日酔いを乗り切っちゃいましょう^^V


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼