年越しそばはいつのタイミングで食べる?理由や具の意味は?


年末に年越しそばを食べる人はたくさんいます。とはいえ、年越しそばをなぜ食べるのか、その理由やタイミング、入っている具材の意味についてきちんと理解している人は少なくありません。その意味を知る事は、また新たな気持ちで一年の終わりを迎えられることにも繋がります。
そこで今回は、年越しそばを食べる理由やタイミング、具の意味についても紹介していきます。


スポンサードリンク


年越しそばを食べるのはなぜ?理由や由来は?

年越しそばを食べる理由や由来はどこにあるのでしょうか。
諸説がありますが、元々側は他の麺類よりも切れやすい性質がある為に、年末に食べて「今年一年の厄を断ち切る」意味を持って、広く食べられるようになったと言われています。

その他にも、蕎麦は内臓の老廃物を排出する効果があると考えられ、新年を健康で迎えられるようにと願われてたとも言われています。

また、金細工師が散らばった金を集める際にそば粉を使用していたために、金を集める縁起を担いだとも言われています。

 

年越しそばを食べるタイミングはいつ?

年越しそばと言えば、大晦日に食べることは誰もが知っていますが、実際にはどのタイミングで食べるものなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、それぞれの地方によってもその習わしは違い、年越しそばを食べるタイミングは大晦日であればいつでも構わないのです。一般的には夕食の時に食べるか、23時過ぎの年が明ける前に食べる人が多いとされています。ちなみに私は、毎年紅白が終わるぐらいのタイミングで年越しそばを食べています^^

どのタイミングで食べても構わない年越しそばですが、年をまたいで食べることは、金運や健康運を損なうとも言われているため、注意が必要です。


スポンサードリンク


年越しそばは関東と関西で違うの?

関東風は、濃い口醤油とだし汁にはかつお節を使うことが一般的であり、見た目の色は濃くなっています。

関西風は薄口醤油と昆布だしを使っており、薄口醤油のために色は薄く、関東と関西の違いとしては、この汁の色の違いがよく指摘されます。

その他の違いとして、関西の具では甘露煮のニシンがのっていることが主流です。その由来は元々京都は海がないため、保存食として他県よりニシンを取り寄せており、京都で老舗の茶屋がニシンの甘露煮をソバにのせて売り出したところ、大人気となってソバにはニシンをのせるという風習ができたといわれています。

関東では海老天をのせる場合が多く、エビは長寿の象徴とされ縁起がいいと言われています。

 

年越しそばに入れる具材の意味や縁起よいものは?

年越しそばに乗っている具材には、さまざまな意味があります。それぞれの具材は縁起物として使われていることが多く、それぞれに縁起を担いだり願いが込められています。

・海老の天ぷら
海老の天ぷらは、海老が腰が曲がることから長寿の象徴として考えられています。

・大根おろし
大根おろしは古くから厄を落とす縁起の良い者とされています。

・油揚げ
油揚げはお稲荷さんの好物とされ、商売繁盛の神様を表しています。

・ねぎ
ねぎは、働きをネギ(労)らうということから、一年の労を労う意味を持っているのです。

 

福袋情報やお正月の過ごし方についても紹介!

日本には古くから伝わるさまざまな風習や、季節の行事があります。何かと忙しい現代社会においても、それらの風習や習わしは大切に守り継がれています。特に一年の始まりと終わりに関してはさまざまな習わしがあり、日々に感謝して幸せに生きていくために、年始めと終わりは人々にとって大切なタイミングでもあります。
年末には年越し蕎麦を食べるのが日本の伝統となっています。大晦日に美味しい年越しそばを食べて、新年を幸せに迎えられますように^^

そして新年といえば、福袋も楽しみの一つ♪ こちらでは、2018年に販売される福袋の最新情報についてもまとめています!
→ 新春福袋2018の最新情報はこちら

 

こちらでは、お正月に楽しめる遊びや過ごしかたについての記事も書いていますので、良かったのぞいてみてください〜(・∀・)つ

→ お正月、子供も大人も家族で楽しめる遊びを紹介します!

→ お正月の過ごし方、友達と遊ぶなら何がオススメ?

 


スポンサードリンク


  スポンサーリンク      

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット