富岡製糸場が世界遺産に! 価値やアクセス 周辺観光地をまとめてみた。


富岡製糸工場 世界遺産 価値こんばんは!

まい@mai77です^^

 
気づけば夏はすぐそこですね!
夏といえば、楽しい夏休みもやってきます♪
 
長期休暇で、旅行のプランを立てる方も多いかと思います。
どこへ行くか、計画するだけでもワクワクしてきますね^^
 
 
今年の夏は、世界文化遺産に登録され今話題の、
群馬県「富岡製糸場」へのゆる旅はいかがでしょうか。


スポンサードリンク


富岡製糸場とは

 
 
富岡製糸場は1872年、時の明治政府が
日本近代化のために最初に設置した機
械製糸場です。

 
当時日本が外国との貿易において最大
の輸出品にしていたのが生糸でした。
 
しかし、輸出の急増によって需要が高
まったために質の悪い生糸が大量につ
くられる事態が起き、貿易における日
本の生糸の評判が下がっていってしま
いました。
 
そこで明治政府は生糸の品質改善、生
産向上と、技術指導者を育成するため、
洋式の模範工場をつくることにしまし
た。それが富岡製糸場です。

tomioka2画像提供 富岡市・富岡製糸場
 
 

建築的価値

 
 
外国人指導者はフランス人のポールブ
リュナ氏。ブリュナは建物の建設場所
を富岡に選定し、フランスから製糸場
に必要な技術者を連れてきたり、洋式
だった機械を日本人の体格に合うよう
に改良しました。

スポンサードリンク

建物の設計は、同じくフランス人のオ
ーギュスト・バスティアンが担当しま
した。
 
主要な建物は木の骨組み+壁に煉瓦を
積み入れて造る「木骨煉瓦造」
そして、煉瓦という西洋の新しい材料
を取り入れながら、屋根は伝統的な日
本瓦で葺くなど、まさに和様折衷の貴
重な建物です。
 
 

富岡製糸場へのアクセス

 
 
●車の場合
 
上信越自動車道富岡I.C下車、各駐車
場まで約10分(3㎞)
駐車場より徒歩約10分(500m)
 
 
●電車の場合
 
高崎駅で上信電鉄に乗換え(約40分)
上州富岡駅下車、徒歩約15分(1㎞)
 
 
>> 富岡製糸場の場所
 
 

世界遺産とは

 
 
世界中の国や民族が誇る文化や自然を
世界中の人々が共有し、未来に残すべ
き全人類共通の宝物として守っていく
ためにつくられた取り決めで、世界遺
産は3種類に分類されます。
 
 
●自然遺産・・・
保存、鑑賞、研究上重要な自然環境や
生物生息地
グランドキャニオン(アメリカ)や屋
久島(日本)など
 
 
●文化遺産・・・
歴史、芸術、研究上重要な建造物や記
念碑、遺跡
ピラミッド(エジプト)や万里の長城
(中国)など
 
 
●複合遺産・・・
上記の自然遺産、文化遺産の両方を兼
ね備えているもの
マチュピチュ(ペルー)など
 
 

ついでにちょっと寄りさんぽ

 
 
富岡製糸場 周辺の、おすすめの観光
地もまとめてみました。
 
 
まずは、群馬県立近代美術館

日本を代表する建築家、磯崎新の代表
作。この建物で、1974年日本建築学会
賞を受賞しています。
 
 
●アクセス
 
 
車の場合・・・
上信越自動車道の「藤岡I.C.」高崎方
面出口より出て、県道13号線を前橋
方面に約10分。
 
 
電車の場合・・・
JR高崎駅東口より市内循環バスぐるり
ん「群馬の森線」9系統(約38分)、10
系統(約26分)、または「岩鼻線」15
系統(約25分)。
 
倉賀野駅下車。市内循環バスぐるりん
で約10分。
下車停留所はいずれも「群馬の森」
 
 
>> 群馬県立近代美術館の場所
 
 

群馬音楽センター

 
 
群馬音楽センターもおすすめです♪

群馬音楽センター 画像出典:http://www.takasaki-bs.jp/center/

高崎市の文化のシンボル。日本近代建
築の巨匠アントニン・レーモンドが設
計。
 
ひときわ目を引く独特な外観が特徴で
す。
 
 
JR高崎駅西口より徒歩約10分
 
 

富岡製糸場まで、青春18きっぷでゆる旅のススメ

 
 
富岡製糸場への旅では、青春18きっぷ
を利用するのもおススメです^^
 
 
今年の夏は7月1日から8月31日まで発
されます。
 
利用期間は7月20日から9月10日まで。
 
※今年の4月から消費税増税により、
新価格は11,850円です。
 
私も青春18きっぷを利用することがあ
りますが、交通代が格安です!
 
 
こちらは、お盆休みに関西へ帰省した
時に、青春18きっぷを使用してプチ旅
行を楽しみました♪
 
実際の費用などもまとめてみました!
 
 
>> 青春18きっぷで夏旅!実際かかった費用などまとめ。

鈍行列車でのんびりと旅をするのもイイですよ♪

スポンサードリンク

 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼