テスト勉強もう飽きた・・やる気を出すコツや集中する方法はある?


テストの時期にはテスト勉強をする必要がありますが、長続きせず途中で飽きてしまうという方もいるでしょう。私も中学や高校の頃、中間や期末テストなどに向けて、勉強しなくちゃ!と思っても、やる気が出なかったり、飽きてしまってなかなか進まないこともよくありました^^;

それでも勉強をしなければいけない!と思い、集中力が欠けた状態でだらだらと長時間、なんとなくテスト勉強する場合もあります。ですが、その状態では勉強効率も悪いため、時間をかけた割にはテストの成績はあまり上がらず、がっかりしてしまうことも…(´・ω・`)

そのような状態にならないように、やる気を出す方法や集中力を高めるコツを覚えていきましょう^^


スポンサードリンク


まずは10分だけ集中してみる

集中力は基本的にそれほど長続きするものではありません。そのため、10分だけ集中するという方法を試してみましょう。集中力を高めるためにはメリハリをつけたほうがいい場合も多く、10分で区切ることで短時間、集中して勉強することができます。

集中して勉強した後は、軽く休憩を取ることも大切です。集中をするということは、それなりに疲労やストレスがたまるため、集中した後は少しリラックスした状態を保ち、その後また同じように集中して勉強をしてみることで、効率よく勉強しましょう。

 

やることを書いてリスト化する

テスト勉強をする場合にはただ勉強するだけでなく、自分なりにどのように勉強していくかわかりやすくするために、勉強の計画を立てるために、やることを書いてリスト化していきましょう。

何も考えずに勉強をひたすらやるよりも、計画的に勉強をするほうが勉強の効率が上がります。テスト勉強を始める前の下準備として、やることをリスト化することから始めることが大切です。

例えば、ノートにその日やることを書き出して、1つできたらその項目をチェックしたり、消していきます。全て終わったら、達成感や充実感も得られます^^
付箋に書いて、終わったら剥がすというのでもいいでしょうし、携帯のメモ帳などを利用するのもいいですね。

また、テスト範囲内で苦手な部分や得意な部分などを自分なりに把握しておくことも大切です。


スポンサードリンク


目標を明確化する

目標を明確化することも、テスト勉強では大切なことです。まずは大きな目標を一つ立ててみましょう。
例えば、テストで80点以上取る。クラス順位で上位に入る。ライバルに勝つ。など、頑張れば達成できる目標を一つ立てておくことで、勉強のやる気につなげていくことができます。

また、テスト勉強期間中では1日ごとの目標を立てることも大切です。大きな目標だけでは、途中で挫折してしまうこともあります。小さな目標を立てるメリットとしては、目標をクリアすることで達成感を得られることで、次の目標に向かってやる気を出すことができますd(・∀・○)

 

友達と一緒に勉強する

勉強をする場合には、集中する必要があるため自分一人で勉強するという方も多いでしょう。ですが、時には友達と一緒に勉強してみるのも、お互いの苦手な部分を教えあいながら勉強することができます。また、自分が途中で勉強をやめたくなっても友達と一緒にいることで、挫折せずに頑張れることもあります。

しかし友達と一緒に勉強すると、ついしゃべってしまって進まない..ということもあります^^;そうならないために、友達と勉強をする場合には、静かな場所で勉強しましょう。
図書館や自習室などは、勉強するにはいい環境といえるため利用してみるといいでしょう^^


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼