お通夜や葬式、女性はどんな服装で参列する?マナーや注意点、NGも!


近しい人やお世話になった人などに、いつどのように不幸が訪れるかわかりません。そんな時には、お通夜やお葬式に参列しなければいけません。しかしそこで服装マナー違反をしてしまうと、故人や遺族にも失礼ですし、同じ参列者に対しても良い印象を与えることはありません。
特に女性の場合には、男性よりも服装に注目されることが多いので気をつける必要があります。

活用する機会がそう多くはないとはしても、お通夜やお葬式での女性の服装マナーはしっかりと学んでおいたほうが良いものです。どのような点に注意して、NGとなる服装は何かを学んでいきましょう。


スポンサードリンク


お通夜での女性の服装マナー

訃報は突然のことですから、服装を整えてお通夜に駆けつけるまでの時間はあまりありません。ですから、喪服を着ていくとあらかじめ不幸に備えていた、ということで失礼に当たるという考えもあります。

しかし近年では、急で無い場合には喪服で参列する人も多いです。また訃報を聞いて急いで駆けつける場合であっても、黒やグレーの控えめで地味な平服にしておく方が良いでしょう。

 

お葬式での女性の服装マナー

お葬式での女性はどのような服装にしておくべきかというと、ブラックフォーマルと呼ばれる略式の喪服を着て参列するのが一般的です。

黒無地のフォーマルスーツか、もしくはワンピース、アンサンブルでも構いません。
葬儀では肌を極力見せないようにするため、夏場でも五分袖まであるのが望ましいです。またスカートの丈は、膝下になっているものを着用するようにしましょう。

近親者のお葬式の場合には、さらに格式が高くなる正喪服を着ていくほうがよいでしょう。準喪服、略式との違いは正喪服はファッショナブルなデザインというよりも儀礼的なデザインですし、素材も上等なものが使われます。


スポンサードリンク


お葬式に履いていく靴は?

靴は黒無地で先が尖っていないもの、ヒールは高すぎないものを履くようにしましょう。エナメルやスウェードなど、光沢があるものは避けましょう。
ピンヒールでなく、このようなヒールが四角く安定したものが良いです。

葬式 靴 ブラックフォーマル パンプスレディース 弔事 冠婚葬祭 黒 痛くない 疲れにくい ローヒール 4E 幅広パーティ 葬儀 撥水加工 [足が楽な布製フォーマルパンプス]

価格:7,344円
(2017/7/2 20:59時点)

注意点やNGな服装は?

お通夜やお葬式における女性の服装で注意する点としては、ミニスカートや、透ける素材のように、肌の露出が著しい服は避けることです。
それから使う服の素材ですが、ラメなど光沢のあるものは使わないこと、そして白や黄色のような目立つ色は使わないことです。

タイツはカジュアルでNGとされているので、黒のストッキングを着用しましょう。

冬場などはタイツを履いた防寒対策をしたいところですが、地方によってはそれがマナー違反になる場合もあるので確認をしておきましょう。
逆に暑い夏場には、黒のストッキングだと蒸れてしまうので素足になりたいところですが、これもNGです。かならずストッキングは履いておきましょう。

アクセサリーをつける場合は、パール素材で一連のものをつけるようにします。

 

ブラックフォーマル専門店「TISSE(ティセ)」がおすすめ!

ブラックフォーマル専門店ティセは、ブランド、デザイン、質、価格とこだわるポイントに合わせた喪服・礼服が数多く揃っています。お通夜やお葬式で、服装マナーを守っていれば良いというだけでなく、自分らしさを表現できる服を求めているのであればおすすめです。

フォーマル専門店 TISSE

でも服は、実物を見てから決めたいという方も少なくないでしょう。そこで便利なのが試着サービスです。最大で3着までを手元に届いてから3日間の間、じっくりと検討する事ができます。サイズのことはもちろん、デザインや着心地などを確認して、納得した上で購入できるのです。
15時までの注文であれば即日発送なので、お急ぎの方も安心です。



 

お通夜・お葬式での服装マナー【男性編】

お通夜・お葬式での男性の服装マナーについて知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

お通夜や葬式での服装選び【男性編】マナーやNGまとめ

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼