スケート場、東京近郊ならどこがおすすめ?屋内で滑れる施設も!


ウィンタースポーツの1つに、アイススケートがあります。私も冬の時期になると滑りに行きたくなります^^
今回は、東京近辺でおすすめなアイススケート場を、いくつか紹介していきます。前半では屋外、後半では屋内で一年中楽しめるスケート場についてまとめています。


スポンサードリンク


東京スカイツリータウンのスケート場

東京スカイツリータウンのスケート場は本物の氷を使用したアイススケートパークです。

開催期間は2018年1月4日から3月11日となっています。スカイツリーを楽しむついでにスケートを楽しむことが出来るので、デートスポットとしても最適です。屋外で滑る事が出来るので、広々とした場所で滑ることが可能なため、初心者の方でも安心して滑ることが出来るようになっています。駅からも近いので、アクセスが便利なのも魅力的です。

 

屋外で楽しめる!としまえんのアイススケートリンク

としまえんにある屋外アイススケートリンクは遊園地に隣接されていて、遊園地に遊び行くついでにアイススケートを滑ることも出来るので、遊べる幅が広がります。初心者用にレッスンも開催されているので、初めて滑る方にも安心です。

開催期間は、2017年12月9日(土)から2018年2月28日までです。入場料は大人が1000円で子供が500円となっており、非常にリーズナブルな価格でアイススケートを楽しむことが出来ます。

 

屋外で楽しめる!横浜赤レンガ倉庫のアイススケート

横浜赤レンガ倉庫のアートリンクでアートとアイススケートのコラボレーションを楽しむ事が出来る珍しいスケートリンクです。有名なアーティストにより様々なアートを見ながら滑ることが出来るので、目で楽しみながらスケートを滑ることが出来ます。今回のテーマは動物です。

開催期間は2017年12月2日(土)から2018年2月18日になっています。入場料は大人が500円で小人が400円となっており、幼児は300円です。

 

屋外で楽しめる!赤坂サカスのアイススケート

赤坂サカスのアイススケートはホワイトサカスと呼ばれています。また検定を受けることが出来るので、スケートに自信のある方は受けてみると良いでしょう。貸し切りで滑ることが出来るので、イベント時にも便利です。

開催期間は2017年11月23日から2018年2月25日になっています。入場料は当日料金で大人が1200円で子供が600円です。通期パスポートも発行されているので、毎日通うならパスポートを購入するほうが安く滑ることが出来ます。

以上、前半では屋外で楽しめる東京近郊のアイススケート場を紹介しました。
続いて後半では、屋内で楽しめるスケート場を紹介していきます。


スポンサードリンク


屋内で滑れるスケート場でおすすめはココ!

屋内のスケート場なら雨の日もOKですし、冬だけでなくオールシーズンスケートを楽しめます。屋内で滑ることが出来るため、屋外に比べて寒さを感じることもありませんし、人の目線も気になりませんので、初心者の方にはお勧めです。

明治神宮外苑のアイススケート場は、世界大会規格のワイドスペースで広々と滑ることができます。国立競技場駅から徒歩1分といきやすいです。

 

東大和スケートセンターは、アイスホッケーの試合でも使われたり本格的なリンクでスケートが楽しめます。施設内にボーリング場やアミューズメント施設もあったり、また食事処もあって便利です。

 

江戸川区スポーツランドのスケート場は、入場料大人510円と安いのが魅力です。入場回数券(6枚分)は2550円ともっとお得になります。長い間通っても、予算を気にすることもありません。

 

関東のアイススケート場もチェック!

いくつか東京近郊でおすすめなスケート場を紹介してきました。東京以外にも、関東でおすすめなスケート場も下記よりチェックできます^^

→ 関東のアイススケート場一覧はこちら

 

スケート場での女性向けの服装コーデや、持ち物についてもこちらで紹介しています。
→ スケート場での女子の服装コーデ、おすすめやNGな格好は?持ち物も!

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼