スケート場での女子の服装コーデ、おすすめやNGな格好は?持ち物も!


冬のスポーツといえば、スキーやスノボ、そしてアイススケートも気軽に楽しめていいですよね^^ 冬だけでなく、夏でも滑れるスケート場もあったり。家族や友達、また彼氏とカップルデートにもいいですね^^♪

だけどスケート場ではどんな格好で行けばいいのか?とお悩みの方必見!今回はスケート場での女子向けの服装コーデについて、おすすめからNGな格好まで紹介していきます。またあると便利な持ち物についてもまとめました。


スポンサードリンク


スケート場での服装選びのコツ

スキー等の屋外スポーツであれば入念に寒さ対策をするのが当たり前ですが、スケートではどの程度着込めばいいのか分からない…という方も少なくないでしょう。
一番に考えたいのは全身が隠れる服を選ぶこと、そして動きやすさを考慮することです。
肌が露出していると寒いだけでなく、万が一転倒した際に怪我をする可能性も高まってしまいます。その他にも動いているうちに汗をかくため、体温調節しやすい服で重ね着することも大切です。

服装選びのコツ
・全身が隠れる服
・動きやすさ
・重ね着

 

アウターでおすすめはこれ!

 

 ショート丈のコート
いくら防寒性を重視するべきとは言っても、丈が長くなるとその分動きにくくなってしまうので、邪魔になりにくいショート丈のコートを選ぶようにしましょう。

 ナイロン製
また転んだときに濡れてしまうことも多いため、水を吸いやすい素材で作られたアウターよりも、防水加工されたナイロン製の物を着たほうが安心です。

 ブルゾンやダウンベスト
ブルゾン等もおすすめですし、ダウンベストであれば暖かさと動きやすさを両立することができるのでスケートにはぴったりだと言えます。


スポンサードリンク


下に履くものは何がいい?

下には動きやすいストレッチ素材のスキニーデニムが最適です。スリムに見せることができるため、ファッション性も損ないません。

さらに足元は氷から近いので冷えやすく、寒さが全身に伝わってしまいがちなので忘れず対策しましょう。厚手の靴下を履けば暖かい上にクッション性も抜群ではあるものの、靴の履き心地が悪くなってしまう場合があるため気をつける必要があります。心配であれば靴下を二枚履き、状況に応じて調節できるようにしておくといいでしょう。

 

スケートでおすすめじゃないNGな服装は?

寒さが苦手な方でも、動きが制限されがちなロングコートは避けたほうが無難です。滑っているとどんどん体が温まっていくので、厚着しすぎてしまうのも良くありません。

スカートも駄目な服装の一つですが、どうしても穿きたい場合は厚手のタイツを着用して素足を出さないようにしましょう。

冬の服装といえばロングマフラーがありますが、引っ張られたり巻き込まれたりする危険性が高いためスケートをする時には外したほうが安全です。

 

スケートにあると便利な持ち物は?

イヤーマフ等の防寒具もあればぐっと快適になります。中でもニット帽や手袋はもし転倒したとしても衝撃を緩和できるだけでなく身を守れるため、スケートにおける必須アイテムだといっても過言ではないでしょう。

滑った後は汗をかいているためタオルがあると便利です。また温かいドリンクも用意しておけば、水分補給がしやすくなります。

持ち物に余裕があるなら、服が濡れてしまった時に備えて念のため着替えを準備しておくのもいいでしょう。

 

こちらでは、東京近郊でおすすめなスケート場についても紹介していますので、参考にしてみてください^^
→ スケート場、東京近郊ならどこがおすすめ?屋内で滑れる施設も!

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼