節分に恵方巻きを食べる理由って?願い事も叶うの?


eho2

2月3日の節分の日が近づくと、スーパーやコンビニなどには豆まきに使う豆のほかに、一斉に恵方巻きも販売されます。
いつの頃からか節分の日には当たり前のように、恵方巻きとよばれる巻き寿司を食べるようになりましたが、なぜこの日に食べるようになったのでしょうか? また、節分に恵方巻きを食べると願いが叶うというのは本当なのでしょうか?

今回は恵方巻きを食べる理由や願い事についてもまとめてみました。


スポンサードリンク


恵方巻きとは

そもそも恵方巻きとは、さまざまな具が入った太巻き寿司のことを言います。

ehomaki

節分の時期が近付くと一斉に販売されることもあり、ただの巻き寿司ではありません。
この年の恵方となる方角を向いて巻き寿司を丸かじりをすると、幸運が訪れ願い事がかなったり、商売繁盛や無病息災をもたらすといわれています。

 

恵方の意味は?毎年変わるのはなぜ?

恵方とは、その年の縁起のいい方角だということはイメージできますが、詳しく理解している人は少ないでしょう。
実はこの恵方というものは、その年の金運や幸福をつかさどる神様が存在している方角のことを表します。神様は毎年同じ場所にとどまっているわけではないので、恵方は毎年変わることになります。

はるか昔から、この神様のいる恵方に向かって何かをすると成功する。縁起が良い。と言われているので、初詣に行く際にも、その年の恵方にある神社をわざわざ調べてお参りに行く人もいるほどです。


スポンサードリンク


なぜ節分に恵方巻きを食べるのか?

それでは、節分に巻き寿司を食べる理由とはどのようなことなのでしょうか。
この巻き寿司の起源は、江戸時代の末期から明治時代の初めに、大阪の商人の間で商売繁盛や無病息災、家庭円満などを願って幸運の巻き寿司を食べるようになったのが始まりと言われています。

 

恵方巻きを丸かじりすると願いが叶う件について

昭和の時代に入ると、巻き寿司の販売の促進を狙って、節分の日にその年の恵方に向かって一度も声を発することなく一本の巻きずしを丸かじりすれば、その年は幸運に恵まれ願い事も叶う。という宣伝を寿司業界が行ったのです。

eho1

この宣伝によってやや有名になったといえます。そこに海苔を扱う職業の人たちによって、海苔の需要拡大を狙って様々なイベントやキャンペーンが行われるようになったのです。
1月の下旬から2月の初旬は売り上げが落ち込む時期であるといわれています。そこでこの時期にイベントを行うことで恵方巻きは全国に知られるようになったのです。

 

まとめ

巻き寿司を食べる行事が定着したのは、販売促進によるものですが、恵方には神様がいてその方角を向いて物事を行うとうまくいくというのは、昔から言い伝えられてきたものです。そのため恵方を向いて巻き寿司を食べることは縁起のいいことと言えます。
縁起物でもある恵方巻き、節分には丸かじりして福を呼び込みましょう^^

 

恵方巻きに合うおかずや、福茶についても紹介

また、恵方巻きに合うおかずもこちらで紹介していますので、節分の食事メニューの参考にしてみてください☆

節分の食事メニュー、恵方巻き以外は何食べる?合うおかずは?

 

恵方巻き以外にも、節分に飲む縁起のいい福茶についても、こちらの記事にまとめています^^

節分に飲む福茶の由来や作り方は?

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼