子供のランドセルの正しい選び方。購入で失敗しない為のポイントは?


小学校入学を前にして揃えるものとして、親子共に一番初めに検討するのがランドセルではないでしょうか。祖父母からプレゼントされたり、一緒に選んで購入するというケースもありますね。

ランドセルは小学校入学を象徴するアイテム。そして6年間使用することが多い為、慎重に選ぶ必要があります。今回は、ランドセル選びで重視するポイントを紹介していきます。


スポンサードリンク


ランドセルは素材も様々。特色や違いをチェック!

まずランドセルを選ぶポイントとして、素材の違いがあります。ランドセルの素材としては、馬革のコードバン、牛革のカウレザー、合皮のクラリーノがあります。

 馬革(コードバン)
馬革は貴重素材なので価格も高価になります。高価なだけあり、耐久性や防水性もよく、素晴らしい素材です。ただ、重さがあり、お手入れも必要です。
 牛革(カウレザー)
カウレザーはコートバンには劣りますが、こちらも耐久性・防水性や肌ざわりに優れています。こちらも重さがネックなことと、お手入れが必要です。
 合皮(クラリーノ)
合皮は、軽くてお手入れが楽、また色が華やかです。傷には弱く、経年劣化します。

ランドセルの素材について解説している動画もありました▼

 

背負いやすさや大きさも重要!

ランドセル選びでは、背負いやすさや大きさも大変重要です。特に1年生のうちはまだ身体が小さい為、子どもに負担の少ないランドセル選びも大切です。教科書などを入れると、ランドセルもさらに重くなりますので、体への負担も基準にして選びましょう。

最近は、A4サイズ対応のランドセルが収納力もあり人気です。また大マチは幅広の方が、中身もたくさん入れることができます。高学年になるにつれて量も増えてきますし、収納力があるランドセルを選んだ方が便利です。

試着の際に、重さは大丈夫かもきちんとチェックします。肩ベルトの調節機能もチェックし、姿勢を正しく背負えるかも確認しましょう。
体にピタッと合ったランドセルを使用すると、自然と姿勢も良くなります。反対に、合っていないと重心を保とうとして姿勢が悪くなります。また肩こりの危険もありますので、正しい姿勢をキープするためにも、体に合ったランドセルを選ぶことが大事です。


スポンサードリンク


耐久性や安全性

ランドセル選びで他に気を付ける注意点としては、耐久性や安全性です。
強度があるのはやはり手縫いです。ミシン目がない方が強度もあります。
こちらの動画でもあるように、プロの職人さんも「ランドセルは手縫いが一番確実」と話されていました。

 

耐久性を考えると、お手入れがマメにできるご家庭はコートバンやカウレザー、子どもに任せるのであれば水に強いクラリーノが良いでしょう。

6年保証があるかどうかも確認しましょう。

安全性に関しては、やはり転倒時に強いコートバンの素材が丈夫で安心です。

他には、ランドセルに反射板を付けたり、防犯ブザーを持たせましょう。

 

デザインや色

ランドセル選びではデザインや色を重視する方も多いです。6年間使用するものですので、その時好きな色で選ぶのではなく、長期的に使用することについてお子さんとよく話し合いましょう。

こちらのような刺繍がある可愛らしいものも多いですが、こちらも6年間飽きずに使えるかきちんと検討しましょう。

2018 アリスランドセル 日本製 [ 女の子 キャサリンコテージのアリスランドセル 刺繍 2018年 用 モデル クラリーノ A4クリアファイル対応 ] [YKKS2] [SSP]

価格:45,000円
(2017/4/12 15:07時点)

 男の子に人気のカラーは?
色ですが、男の子は圧倒的にが人気です。紺色も最近人気があります。

 女の子に人気のカラーは?
女の子は赤、ピンク系が根強い人気です。最近はブラウンも大人びて人気があります。

下記、楽天市場のランキングでも、人気・売れ筋のランドセルがチェックできます。
【楽天】ランドセルランキングはこちら

年々ランドセルの購入時期は早くなっている傾向がありますので、あまりのんびりしていると好きなブランドやカラーが選べなくなる可能性があります。
お気に入りのランドセルが既に売り切れてしまった..と後悔しないよう、なるべく早めにリサーチして、準備しておきましょう。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼