パーマの種類を比較!かけ方やもち、価格など違いをまとめてみた


パーマには色んな種類とともに、かけ方もいくつかあり、それぞれに特性が違います。コールドパーマやクリープパーマ、デジタルパーマやエアーウェーブなど、代表的なパーマのかけ方をいくつかご紹介しながら、料金や髪へのダメージ、かかる時間など知りたい項目ごとに比較してみました☆

レディースパーマヘア集はこちら

メンズパーマヘア集はこちら

「種類がありすぎて、どのパーマをかけていいのかわからない・・」という方も参考にしてみて下さい^^


スポンサードリンク


コールドパーマについて

「コールドパーマ」は昔ながらのパーマで、一液目の薬品で髪の結びつきをほどき、二液目で再度固める方法になります。簡単に言えば、まず髪を壊して、形を変えて再正させる方法です。他のパーマと比較して料金は安めですが、取れやすいのがデメリットですね^^;

pam6
エアリーなコールドパーマ

 

pam2
ワイルドランダムなコールドパーマ

 

 料金・・・
 時間・・・
 髪へのダメージ・・・
 パーマの取れやすさ・・・

 

クリープパーマについて

コールドパーマの改良バージョンが、「クリープパーマ」です。薬品で壊して別な形で再生という原理は同じですが、髪のダメージを抑え、長持ちさせる改良をしています。ただし、時間はコールドパーマよりもかかります。機械を使わないエアウェーブみたいな感じで、緩くて柔らかいスタイルが得意です。

pam4
クリープパーマ×モテ髪セミディ

 

pam5
クリープパーマ×束感ラフウェーブ

 

 料金・・・
 時間・・・
 髪へのダメージ・・・
 パーマの取れやすさ・・・

 

デジタルパーマについて

「デジタルパーマ」は、高温でかける熱処理パーマで、縮毛矯正のウェーブバージョンです。デジタルパーマは形状記憶パーマとも呼ばれ、持ち的には一番良いと思います。しかし髪へのダメージも大きいし、高熱でやるから根元までかけられないのがデメリットです。毛先の強い動きを出すなら、デジタルパーマが良いかもしれませんが、髪への痛みが大きいです。。

 

pam1
デジパ×可愛いクールセミディ

 

pam8
無造作ニュアンスパーマ

 

 料金・・・
 時間・・・
 髪へのダメージ・・・
 パーマの取れやすさ・・・

 

エアウェーブについて

「エアウェーブ」はクリープパーマ同様、緩くて柔らかいスタイルが得意です。機械でしっかりかける分、クリープパーマよりも長持ちします。高熱でやらないので、根元からかけられて髪へのダメージも少ないのもメリットです。

 

pam7
ゆるふわエアウェーヴ

 

pam3
外国人風エアウェーヴ

 

 料金・・・
 時間・・・
 髪へのダメージ・・・
 パーマの取れやすさ・・・

 

ちなみに、、、私個人としてはパーマにする時は、いつもエアウェーブにしています。いつも長めのショート~ミディアムくらいの長さで、そんなに強くかけないので適してます。
髪へのダメージも少なく、乾いた時にパーマが出てくるので、朝、全体をお湯で濡らしてムースワックスでもつけといて、自然乾燥させるだけでもスタイルが出来上がるので楽ちんです(^-^)/ パーマのもちも良く、私の場合、3ヶ月は余裕です。


スポンサードリンク


最適なパーマ選びのポイント

 

パーマをかけるにしても、「ダメージをできるだけ減らしたい。」また、「しっかりとパーマをかけたい。」「できるだけ安くすませたい。」など、目的優先順位によってチョイスするパーマも変わってきたり。それに髪質やクセの具合などによって、かかりやすさや傷み具合なども違ってきたりするので、美容師さんにも相談しつつ相性のよいパーマを選ぶと良いと思います^^

パーマ料金も美容室によって様々で、差がありますし、キャンペーンやクーポンなどで安くなるケースもありますので、利用してみるのも良いと思います。
私はいつもホットペッパービューティーを利用していますが、クーポンやポイントなども使えるのでお得です♪ それに口コミも見れるので、実際に利用した人の感想も参考にできたり。またヘアカタログの写真をブックマークしておけて、ネットで予約する時に添付もできるので、事前にイメージを伝えやすいのも良いです^^

【ホットペッパー ビューティー】人気のヘアサロン検索

 

料金なども事前にしっかりと確認して、クーポンなども上手く活用しつつ、自分の理想のパーマスタイルに変身しちゃいましょう☆


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼