お中元を贈る相手や時期はいつ?マナーやお返しについても紹介!


お中元は、普段お世話になった人に対して感謝の気持ちを込めて贈るものなのですが、最近ではあまり習慣づいていないと言うところも多いとされています。
そのため若い人の中にはお中元に関して、誰に贈れば良いのか?というところをはじめとして、贈る時期やマナーなどがよく分からないという人も増えてきています。

そこで今回は、お中元に関する基本的な部分はもちろんのこと、覚えておいた方がいいマナーや注意点、お返しなどに関しても紹介していきます。


スポンサードリンク


お中元を贈る時期はいつからいつまで?

まずお中元と言うのは夏場に贈るものだと言われていて、時期としては全国的には7月1日から7月15日までの間が望ましいとされています。ただしこれはあくまでも全国的なもので、実は地域によって違っている場合もあります。

例えば関東の場合は、7月13日〜15日がお盆なので7月1日〜7月10日頃に贈るのが望ましいとされています。
そして関西などの他の地域の場合は、8月13日〜15日がお盆なので、7月初旬〜8月初旬に贈る事が多いようです。

 

お中元は誰に贈るのか?

ではお中元は誰に贈るものなのかというと、基本的に日頃お世話になっている人が挙げられます。なので親・兄弟・親戚・義両親などの身内や、それ以外には会社の上司や取引先に贈るという事もあります。

特に企業の場合は、取引先に贈ることでやり取りをするということが多いですし、結婚式で仲人をお願いした人がいるという場合はそちらに贈るという人もいます。

ほかにもお世話になった目上の人がいるという場合には、感謝の気持ちを込めて贈るという事が多いので、原則として必ずこの人に贈らなければいけない。というものは無いようです。

また身内でも、地域やそれぞれ家庭によっても考え方も違ってきますし、贈る習慣がない場合は、かえって負担に感じるかもしれません。相手に気を遣わせるかもしれませんし、予め贈る習慣があるのかどうか確認して、必要であれば贈るという風にした方がよいでしょう。

私も親や親戚には贈る習慣がなく、義両親には1度、お中元をおくった時に「今後は不要」と言われたので、それ以来おくっていません^^;


スポンサードリンク


お中元の時期が過ぎてから贈る場合は?

上記のように、お中元を贈る時期というのはある程度決まっているのですが、もしもお中元の時期を過ぎてしまってから贈るという場合には、お中元という名目以外で贈るようにするということが望ましいです。

これも時期によってどのような名目にするのかが決まっていて、8月8日の立秋までであれば残暑お見舞いとして、立秋を過ぎてしまっているのであれば暑中お見舞いとします。

ちなみに熨斗の表書きも、お中元ではなくそれぞれのお見舞いの名目に書き換える必要があります。

 

お中元のお返しについて

もしも自分がお中元を貰った場合、必ずお返しをしなければいけないというわけではありません。特に目上の人に贈るものであるとされているので、基本的にお返しは必要ないとされています。

ですが、もしも目上の人からお中元が届いたという場合や、親しくしている人から届いたという場合は、マナーとしてお礼状や、お礼の電話は必ず返すようにする事が望ましいとされています。

ちなみに品物でお返しをしたいという場合は、お中元とは別の名目にする必要があります。
また相場としては、いただいた品物の同額程度か、もしくは半返しが望ましいです。頂いた品物より高額なお返しをすると「次回よりお中元は結構です」という意味合いがあり、断りの意志を示すことにもなりますので、注意が必要です。

 

お中元ギフトの選び方やおすすめも紹介!

こちらの記事では、お中元ギフトの選び方や、おすすめなども紹介していますので、ギフト選びの参考にしてみてください^^
お中元のギフトは何がいい?選び方やおすすめを紹介します!
 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼