お盆とは何する日?期間や過ごし方、お供え物や食べるものは?


お盆休みというと、夏休み中の長期休暇というイメージがありますが、本来、お盆とは何をする日なのか?また、自宅に仏壇がない家も多い家庭が増えていることもあり、実際のお盆ではどのようなお供え物をすればいいのか知らない人も多いでしょう。
こちらでは、お盆とは何をする日か?期間はいつからいつまでなのか?また、お供え物や食べるものなどについても紹介していきます。


スポンサードリンク


お盆の期間はいつからいつまで?何をする日なの?

まずお盆の時期に関してですが、8月かもしくは7月になります。これは昔の暦と今の暦の数え方、あるいは夏休みにかけてなど、地域によって異なります。いずれも13~16日の期間を一般的にお盆といいます。

企業などが長期休暇となるお盆休みですが、最近では実家に帰省したり海外旅行に出かけたりという人が増えています。ただし本来の意味のお盆とは、13日に迎え火を焚いて、16日に送り火を焚き、この間、家にご先祖様の精霊をお迎えして供養し、再び世へ返してあげるといった意味があります。

送り火といえば、京都で行われる伝統行事「京都五山の送り火」も有名ですね。

日本人の祖先崇拝という亡くなったご先祖様への想い、そして仏教の盂蘭盆(うらぼん)という、一つのお経から出てきた所の行事が合わさったものがお盆です。

 

お盆の過ごし方について

企業の盆休みを利用して帰省する人も多いと思いますが、おじいちゃんおばあちゃんに家族の顔を見せる以外にもしておきたいことはあります。
お盆はご先祖様をお迎えする大切な期間ですから、お墓参りにはきちんと行き、お墓の掃除をしておきましょう。

夏祭りの定番ともいえる盆踊りに参加する人も多いでしょう。盆踊りも、もともとはご先祖様を供養するための行事です。お墓に戻ったご先祖様のことを偲びながら、この先の暮らしが豊かでありますようにとの思いを願って踊るといいでしょう。


スポンサードリンク


お盆のお供え物について

お盆のお供えものについてですが、一般的にはお花、御供菓子、フルーツ、あるいは故人の好物などを準備しておき、食べやすいような状態でお供えするのがマナーです。

例えばフルーツであれば皮をむいて食べやすく切ったり、箱入りのお菓子は小袋の状態で、素麺などは調理して、箸なども一緒に供えるようにします。
暑さによる傷みが心配な場合は、盆菓子をお供えすることがおすすめです。

お供えしたものは、共に供することに意味がありますので、そのままにしておくのではなく傷む前に家族などで分け合い、感謝の気持ちを持って味わうことが大切です。

 

お盆に食べるものといえば何?

お盆になると盆棚を用意する家庭もあるでしょう。盆棚はお位牌やお供え物などを置いておくものです。
地域によって差はありますが、盆の入りと盆明けは白玉団子、14日はおはぎ、15日はそうめんと日替わりでお供えを準備することもあります。その他にも型菓子を用意することも多いです。

またお供えする料理は家族と一緒のもので、精進料理を準備します。野菜の煮物や炒め物、和え物といった野菜中心のメニューとしましょう。
肉や魚料理は殺生を連想させるために避けるようにするのが一般的です。


お盆という漢字は、
お皿の上に分けると書きます。なので一つのお皿の上にある食べ物を、家族みんなで仲良く分けあって食べるという意味合いも込められています。お盆の期間には、ご先祖様も一緒になってご飯を食べて、明るく仲良くお迎えをしましょう。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼