O157の原因や病状は?乳酸菌が感染予防になる?


食中毒を引き起こす代表的な菌といえば「病原性大腸菌O-157」もその一つです。
感染すると激しい下痢や嘔吐に襲われたり、抵抗力の弱い子供やお年寄りが感染すると重症化したり、命に関わる場合があります。
0157の原因や病状、感染予防法についての知識があると、O157による被害から自分や家族を守ることができますし、O157について知っておくことは極めて大切なことです。

こちらでは、O157の原因や病状、感染予防法について紹介していきます。


スポンサードリンク


O157とは? 発生する原因は?

O157とは腸管出血性大腸菌のことで、病原性大腸菌の一種です。人間の腸の中には大腸菌が生息していますが、大腸菌は腸内環境を整えるために必要な細菌です。
0157は普通の大腸菌とは異なり、ベロ毒素と呼ばれるものを出し、感染症や溶血性尿毒症症候群、脳症などを引き起こします。

O-157は主に牛の腸にいる細菌で、牛レバーやユッケなど生肉を食べることで感染したり、家畜の糞便から感染することがあります。

0157は75度以上の熱で1分間加熱すれば死滅しますが、生レバーのような生肉を食べると感染するリスクが高まります。

腐敗した食べ物が原因でお腹をこわしたというケースもありますが、食中毒の場合は食べ物に菌がついて増加するのが原因です。なので味や臭い、見た目などの変化はほとんどないため「臭わないから食べても大丈夫」という判断は危険です!
高温多湿で菌が繁殖しやすい夏場は、細菌感染による食中毒が増えるので特に注意が必要です。

 

O157になったらどんな病状が出る?対処法は?

O157に感染しているものを食べると、4日から8日の潜伏期間を経過して、激しい腹痛を伴った下痢の症状が出ます。症状が進行すると便に血が混じっている血便が出ることがあります。

食中毒と思われる病状が出た場合の対処法についてですが、下痢がある場合には、安静にして脱水病状にも注意し、水分補給を行いましょう。スポーツドリンクなどの電解質を含んだ飲み物をこまめに摂取するようにします。そして食事は消化のいいものを食べるようにしましょう。

また市販の下痢止めや痛み止めは、毒素の排泄を妨げる原因になるので、安易に使用するのは良くないです。

症状がひどい場合には、自己判断をせずに速やかに医師の診察を受けるようにします。抵抗力のある成人はO157に感染しても無症状の場合がありますが、子供や高齢者は症状が重症化することがありますので注意が必要です。

 

O157の感染予防法は?

O157の感染予防法は、生レバーなどの生肉を食べることは避け、75度以上の熱で1分以上加熱処理をした肉を食べるようにすると予防できます。バーベキューや焼肉をする際には、内側まで熱が通るようにしっかりと焼いてから食べるようにします。食品の取り扱いには十分注意が必要です。

また食中毒菌を増やさないためにも、すぐに食べない食品は放置せずにすぐに冷却します。冷蔵庫のドアは15秒以上開けないなど、温度管理を行いましょう。

まな板で食材を切る順番は、最初に生で食べる野菜、その後に肉・魚がオススメです。生の肉や魚などを切った後のまな板は、十分に洗剤で洗った後、熱湯をかけておきます。

手洗いやうがいは感染予防に有効で、食事の前には石鹸でしっかりと手を洗うようにしましょう。また調理器具もしっかり汚れを落として消毒をし、いつも清潔にしておくことも大切です。


スポンサードリンク


乳酸菌でもO157を予防できる?

抵抗力が強い人はO157に感染しても無症状の場合が多いので、O157を予防するには抵抗力を高めることが大事になってきます。抵抗力を高めるためには腸内環境を整えることが必要で、乳酸菌やビフィズス菌などが産生する酢酸がO157の感染予防につながります。
こちらの蒼井優さん出演のCMでも、「食中毒やO-157から体を守るためには乳酸菌」と言われています。

 

O157の感染予防になる善玉菌はヨーグルトに豊富に含まれており、ヨーグルトを食べることはO157の感染対策として有効です。ヨーグルトの成分を含んでいるサプリメントの摂取も予防法になります。

「ウィルキラーDiet」なら、スプーン一杯でヨーグルト約12個分、一袋に約500個分の乳酸菌が配合されています!
パウダータイプなので、水に溶かして飲んだり、ヨーグルトやゼリーなどに混ぜて一緒に食べることもできます。料理の下味として使ってもOKです。



今なら初回限定で77%OFFで購入できるので、良かったらお試ししてみてくださいね^^
痩せ菌サポート!1袋に乳酸菌が「5兆個」なんとヨーグルト約500個分!

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼