ナイトアイボーテってどうなの?メリットやデメリットもまとめてみた


眠っている間にあこがれの二重まぶたを手に入れる、そのような夢を実現してくれるのが「ナイトアイボーテ」だと言います。寝る時につける二重矯正用のコスメで、女性雑誌でも数多く取り上げられたり、人気モデルも愛用しており、口コミで話題が広まりました。

今回は、そんなナイトアイボーテのメリットとデメリットについてまとめてみました。


スポンサードリンク


ナイトアイボーテのメリットは?

 寝ている間に二重にクセづけできる!

通常二重まぶたにすると言うと、アイプチや二重のり、テープ、メザイクなどを使用します。しかし「ナイトアイボーテ」はただ眠るだけで、朝起きたら偽物ではない本物の二重まぶたを手に入れられると言うのです!



なぜナイトアイボーテを使うと二重まぶたができるのか、それは寝ている間に癖を作るからです。
寝ている間は目をつぶり、瞬きをすることもありません。また成長ホルモンが盛んに分泌され、心身ともに回復する時間にもなります。するとナイトアイボーテがまぶたに定着しやすくなり、くせをつけてくれるので理想的な自然な二重まぶたを手に入れられるのです(o⌒∇⌒o)

いつもメイクで二重まぶたを作ると、瞼がひきつったりアイテープなどがはみ出たりして、つけているのがバレバレだったり(´Д`;) その点ナイトアイボーテなら、人に気づかれずに二重にクセづけが可能なので、メリットが大きいと言えるでしょう。

 

 美容成分も高配合!低刺激でまぶたに優しい

アイプチをするとまぶたが腫れると言う方も、就寝中は瞼の荒れの回復も行われますから、安心して使うことができるでしょう。それにナイトアイボーテは接着力が強いため、夜外れる心配もほとんどありませんし、だからと言って刺激も少ないので瞼に優しいのです(^▽^)

自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

一般的なアイプチは、エタノールで薄めながら接着力を上げるための成分も配合していますので、目が腫れやすくなってしまいます。しかし、ナイトアイボーテは化学成分を極力排除し、独自配合した成分で高い接着力と低刺激を実現しています。

美容成分も高配合されていて、肌荒れに最適なボタンエキス、消炎作用のあるフユボダイジュ、保湿効果と血行促進作用があるアルニカ葉エキスを配合しています。ですから朝起きても目が腫れている、荒れていると言う心配もほとんどないのです(^_-)v

刺激に対しては、緩和作用のあるアルテア根エキスに、アレルギー対策作用があると言うサクラ葉エキスが使われています。

 

 使い方も簡単!

ナイトアイボーテは使い方も簡単で、アイプチと同様、二重のくせをつけたい部分に塗り、押し込みます。


まぶたが付いたのを確認してから寝て、起きたらお湯でふやかし、優しくなでるように落としましょう。

ナイトアイボーテを愛用している渋谷系モデルのみちょぱ(池田美優)さんが、正しい使い方について解説している動画もありました▼

 

ナイトアイボーテを落とした後も二重の線が生まれていますので、自然な目元を手に入れられるのです☆


スポンサードリンク


 先着100名限定で、特別価格で購入ができる!

ナイトアイボーテは、WEB限定で先着100名のみ、特別に割引価格で購入することができます^^
しかも定期お届けコースなら、ずっと割引価格のままになるのでかなりお得です!1回から解約もできますし、まずは1本試してみて、合わなければ解約ということもOKです♪



ナイトアイボーテのデメリットは?

 二重クセ付けまでに時間がかかることも

ただし、理想的な二重まぶたになるかどうかは個人差があります。例えばまぶたが厚みを持っている人は、二重を作りにくいと言われています。さらに二重になるのにも期間がかかり、早ければ数日ほどでなりますが、人によっては数ヶ月かかることもあります。

無事に二重まぶたになっても、すぐに使用を止めると元に戻る可能性がありますので、元のしわが薄くなる、消えるまで使い続ける必要があります。

ラインを引く場所が毎回違っても二重まぶたにはなりませんので、毎日同じ場所にナイトアイボーテを塗るようにしましょう。

 

 解約は次回発送日の10日前までに連絡が必要

定期コースは1回から解約OKですが、その場合は次回お届け予定の10日前までに、電話で連絡をする必要があります。なのでもし解約するのであれば、連絡を忘れないようにしましょう。



寝てる間に本物二重!自然なパッチリ二重をGET!【ナイトアイボーテ】

アイプチでまぶたが腫れる、整形は怖いと言った方におすすめと言われるナイトアイボーテですが、メリットもあればデメリットもあることを承知して使いましょう^^b


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼