夜寝れなくて辛いときはどうすればいい?眠る方法はある?


inu

夜なかなか寝れないというのは、辛いものですよね・・(ノд<) 特に明日早起きをしなくてはならない時や、会議や試験など大切な用事がある日などに限って寝れない!ということもあるでしょう。

なかなか寝れないのには必ず何かしらの原因があるものですが、原因を考えてる時間があるなら一秒でも早く寝たいところです(´-ω-`)
まずは、寝れない時の対策や眠る方法を考える前に、そのような状況にならないために普段からやるべきことを挙げていきます。


スポンサードリンク


生活リズムを整える

一番大切なことは、生活リズムを整えることです。
朝は出来るだけ日光を浴びながら起床し、必ず朝ご飯を食べてから1日をスタートさせます。
日中は仕事や学校などに集中し、帰ってきたら就寝の3時間前には食事を済ませ、お風呂から上がったら、温かい体のまますぐに寝ましょう。

このような生活リズムにすることは非常に基本的で、かつ重要なことで、習慣になっている人ほど気持ちよく眠れることが出来るでしょう(。-ω-)zzz

 

夜寝れないときに寝る方法は?

fumin1

しかし現代を生きる現代人において規則正しい生活リズムは、必ずどこかで狂うようになっています。
すぐに戻すことができれば苦労しないのですが、なかなか思うようにはいかないですよね(´-ε -`) すると、だんだん夜寝れなくて辛いときが増えてきます。

では寝れないときに寝れるようにするためには、どんな方法があるのでしょうか?
よく知られているのが、横になって目を閉じていれば自然と眠れるというものです。
確かに自分が気付かないうちに寝てたということはよくあるので、この方法は有効です。しかし、もしそれでも眠れない場合には、目を閉じることでは眠れないというイメージを脳に植え付けてしまう可能性があるので、この方法は諸刃の剣ともいえます(・ω・;)

眠れない時には無理して寝ようとせず、別の方法を考えましょう☆


スポンサードリンク


読書をする

心を落ち着かせるという意味では、読書は非常に最適です。文字を読むと眠くなる人が多いように、読書は精神を落ち着かせ、自然と眠りに誘ってくれる効果があります^^
ただし、ホラーや数学系などの考えさせるタイプのものなどは、反対に脳を働かせることに繋がるので注意しましょう!

 

ストレッチをする

ストレッチをすることも有効です。体全体を使ったストレッチを行うことにより、体温が上がって眠くなるだけでなく、心身をリラックスできる効果もあります^^
自分の好きな音楽を聴くことも効果的です。眠くさせるという目的では、あまり激しい音楽ではなく、バラードやクラシックなど、出来るだけゆったりとして聴き心地が良いものを選ぶようにしましょう。

 

寝る前に注意することは?

寝る際には豆電球も消して、部屋を真っ暗にした方が、より深い睡眠を取ることが出来ることも知っておきましょう。

寝る前の行動として注意するべきこともあります。
まず就寝の一時間前に、テレビやスマートフォンなどから発する「ブルーライト」を浴びると悪影響を受けるので意識しておきましょう。

sumaho

私も寝る前につい、スマホをいじってしまうのですがブルーライトのことを知り、我慢するようにしています^^; スマホは寝室に持ち込まないのが一番良いのですが、目覚まし時計代わりにもしているので寝室には持っていってますね^^ゞ
だけどブルーライトカットができるフィルムをスマホに貼るなどして、対策をしています。あとはスマホはなるだけ触らないよう、かわりに読書をするようにしています。

また、コーヒーなどカフェインが含まれた飲み物は覚醒作用もあるため、寝る前に飲むことはさけた方が良いです。ハーブティーなど神経を落ち着かせたり、リラックス効果のある飲み物がおススメです。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼