蒙古ひだを目頭切開せず自力でなくす!テープやマッサージでの改善法


目が小さくみえたり、離れてみえたりする原因の一つに「蒙古ひだ」があります。目頭部分に皮膚のひだが覆いかぶさっている状態で、私も学生の頃、この蒙古ひだのせいで目元が小さく見えるのがイヤで悩んでました(-_-)

蒙古ひだを取り除く目頭切開と呼ばれる方法もありますが、整形手術はリスクもあるしお金もかかりますね。。今回は、自力で蒙古ひだを改善するおすすめな方法、自分が実際に試して効果を実感したものについても紹介していきます^^


スポンサードリンク


自力で蒙古ひだ改善法「プチ整形テープ」

自力で蒙古ひだを改善する方法について調べていたところ、見つけたのが「アイパッチリン」というミニプチ整形テープです。

→ ミニプチ整形「アイパッチリン」購入詳細はこちら

絆創膏のような感じの伸縮するテープで、蒙古ひだを引っ張ることで改善を目指すというもの。寝る前に貼るだけでOKです。

図のような感じで、左右1枚ずつ目頭を少し引っ張るようにして、鼻の部分で重なるように貼っていました。

かなり伸縮性があるので、シワがよるぐらい強く引っ張りすぎるとかぶれの原因にもなるので注意です。皮膚に負担が少ない素材なので、一晩貼って寝てもかぶれたりはしなかったです。

起きてテープを剥がしてみると、蒙古ひだが引っ張られた状態に!ですが、最初はすぐ元に戻っていきます^^;
しかしこれを継続していると、蒙古ひだが引っ張られた状態が徐々にキープされて、少しずつですが目が大きくなっているのを感じました^^ただかなり時間はかかりましたし、根気は入りますが…

蒙古ひだ以外にも、タレ目やつり目の改善など、好みの目の大きさに合わせて使うことができます。アイパッチリンの紹介動画もありました。

 

貼る枚数によっても変わってきますが、1日あたり約数十円程度なので、整形することを考えればかなり安くすみますし、貼るだけなので手軽です^^


スポンサードリンク


道具不要!マッサージで蒙古ひだを手軽に改善

続いては、マッサージで蒙古ひだを改善していくという方法です。道具も不要で、簡単におこなうことができます^^ 手順が下記の動画でわかりやすく解説されています。

 

まず眉頭を親指でおさえ、そのまま斜め上方向へとググっと上げていきます。次に、目頭の間の鼻の骨を前へ出すようにマッサージをおこないます。最後に、眉毛を2本の指でさわり、斜め上にあげつつ左右にほぐします。それぞれ2〜3分ほど行います。
マッサージによって蒙古ひだが改善されると、二重もつくりやすくなります。

 

こちらも、蒙古襞を目立たなくするマッサージ方法です。

まず、眉間にシワを寄せることで、ひだの部分が分厚くなっていきます。また、うつむくことでも目から下の顔の筋肉の重さで蒙古ひだが引っ張られてしまいます。
これらを改善するため、目の下の顔のむくみをとり、目の上の筋肉をほぐすマッサージを行っていきます。

 

寝ている間に二重を作ってさらに目を大きくする方法

今回は蒙古ひだを自力で改善する方法について紹介しました。
そして私は蒙古襞以外にも、片方が二重でもう片方が一重まぶたというのもコンプレックスでした。。なので、両方二重になりたい!と二重グッズも色々と試しました。その中で便利だったのが、寝ている間に二重まぶたをクセづけできる「ナイトアイボーテ」です。



寝てる間にクッキリ二重!【ナイトアイボーテ】

アイプチなど昼間長時間つけていると、汗などで剥がれてきたり、バレないか心配だったり。。また、まぶたが荒れたり腫れてしまうことも・・
その点、ナイトアイボーテなら就寝中につけるので、昼間バレずに使うことができて安心です♪ それに美容・美肌成分も高配合されているので、肌のトラブルもカバーできます◎

使い方も通常のアイプチと同じ感じで、希望の二重幅に合わせて液を塗ってプッシャーで整えればOKです。あとは翌朝、お湯で優しくオフします。

一度クセづいてしまえば、毎回アイプチする手間もなくなるし、自然な二重を手にいれることができます☆

下記のページより、WEB限定先着100名のみ、34%オフで購入できます!損なく試せるので、この機会に使ってみるのもよいと思います^^

寝てる間にクッキリ二重!【ナイトアイボーテ】

 


スポンサードリンク


  スポンサーリンク      

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット