母親の服装、小学生の授業参観で失敗しない選び方やNGまで紹介!


今回は、授業参観の服装にお悩みのママさんへ、選び方やNGな格好も紹介していきます。

小学生の授業参観は、保育園・幼稚園時代とは違い、小学校という社会生活の中で自分でさまざまこなしていく場面を垣間見られる機会となります。授業参観だけでなく、保護者会なども必ずやってきます。

子供の様子を見に行くものではありますが、母親のことも他の保護者や先生方に意外と見られているものですので、場違いにならないような服装を心がけたいものです。公立・私立の校風、地域性の違いにより雰囲気もいろいろですので、自分の環境に合った選び方をしましょう。


スポンサードリンク


授業参観の服装で失敗しないコツは?

小学生の授業参観では、堅苦しいスーツの人も、デニムなどのラフな服装の人も、どちらにしても浮いてしまう可能性が高いです。これは地域によって大きく違うポイントではありますが、子どもの年齢が同じであっても母親の年齢はバラバラなことが多いというのは共通したものとなります。

そこでいろいろと考えてしまいますが、だらしなくならない程度の無難な服装を基本として、ちょっとキレイめで清潔感がある雰囲気を目指しましょう。

 

授業参観でおすすめな母親の服装は?

一番のおすすめは、ちょっとキレイめに普段着を着ることです。
例えばこのような、フリル袖のシフォンブラウスであれば、女性らしくて上品さも出ます^^ 下にスカートをはく場合は、膝丈が望ましいです。

【あす楽対応】フォーマル ブラウス セレモニースーツ お受験 スーツ レディース 女性用 ママ 母 入園式 入学式 卒園式 卒業式 七五三 お宮参り 説明会 学校見学会 授業参観 大きいサイズ 送料無料 FB-11LWH デオドラント 消臭 防菌

もしくはスカーチョやワンピースなどのような感じで、オフィスカジュアルよりは少しラフで、堅苦しくはない服装が無難だと言えます。

夏場でも、教室は冷房がきいていて寒いというケースもありますので、ジャケットもしくはカーディガンなど、上に羽織れるものを持っていくのがいいでしょう。

特に小学校に入ってから初めての授業参観の場合には、周りの保護者の雰囲気が分かりませんので、ちょっとキレイめの普段着であれば、服装に気を取られることなく参加できるので、間違いはありません。


スポンサードリンク


こんな服装で行くのはNG!

入学式や卒業式といった、公式の場のようなおめかしをする必要はないのですが、ミニスカ・露出多めであったり、派手過ぎ・ラフ過ぎる服装は、授業参観という場には合わないものですので避けましょう。

保護者会の主役はあくまでも子供です。授業参観にダメージジーンズや、全身ブランドものなどの服装は、母親に注目が集まってしまいます。
ブランドものを取り入れたい場合にはやり過ぎず、バッグなど一点を加える程度にしましょう。

 

気をつけるポイントは?

第一印象はとても大事ですので、服装だけでなく、身につけるその他の小物や匂いにも気を使いたいものです。

アクセサリーはジャラジャラと付け過ぎると、子供達も気になって授業の妨げとなることもありますので、控えめにしましょう。

香水は教室という狭い空間では、他者に苦痛感を与えてしまうこともありますので、控えた方がよいです。

携帯スリッパは、このようなヒールのあるブラック色を選ぶと、立ち姿もキレイに見えます。

【難あり】【送料無料】formal heelslipper (前閉じタイプ)【携帯スリッパ】[学校行事](袋別売り)(~24cm)

価格:1,490円
(2017/5/9 10:59時点)

髪型やネイルも派手にせず、邪魔にならないもので清潔感を大事にしましょう。

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼