片山津温泉総湯へ行った感想。まちカフェで加賀パフェも食べたよ


1月に夫婦で出かけた一泊二日の北陸旅行記の続きです。

1日目に山代温泉ホテルききょうに宿泊し、2日目に、加賀市にある片山津温泉総湯へ行きました。加賀三湖の一つ「柴山潟」のほとりにある片山津温泉。
その共同浴場「総湯」では、柴山潟を眺めながら温泉に入れるということで、楽しみにしていました^^ 行ってみた感想をブログにまとめています。


スポンサードリンク


片山津温泉総湯へのアクセス

加賀温泉駅から片山津温泉総湯行きのバスもあり、その場合は温泉片山津線 加賀片山津温泉街湯で下車、徒歩1分でいけます。
が、今回はバスの時間が合わなかったので、加賀温泉駅からタクシーを利用することに。約10分くらいでいけました。

 

美術館のような温泉!


全面ガラス張り
でモダンな建物が見えます。温泉っぽくなくて、完全に美術館のよう!

片山津温泉総湯は、美術館で世界的に有名な建築家、谷口吉生さんが設計しています。

湖畔遊歩道もあり、散策も楽しめます。

 

入り口の前に券売機があり、ここで入浴券を購入します。浴場内にはタオルや石鹸なども常備されていないので、必要なものがあればそれも購入します。

 

「森の湯」と「潟の湯」男女日替わりで楽しめる

1階が温泉、2階はまちカフェになっています。

 

浴室は、「森の湯」という木々を見ながら温泉に浸かれる部屋

 

そして「潟の湯」という、柴山潟を見ながら温泉に浸かれる部屋があり、男女日替わりで楽しめます。※パンフレットの画像を引用させて頂きました。

 

この日は女性が「潟の湯」で、男性が「森の湯」でした。

風呂場もやっぱり他と違っていて、温泉っぽくなかったです。窓の配置、大きさ、バランスも絶妙。さすが、名建築家による温泉建築です!

 

「潟の湯」は柴山潟とつながっているかのようで幻想的!

 

そして「潟の湯」は、まるで柴山潟の水面と湯船が一体になっているかのような、幻想的な雰囲気が味わえて面白かったです。
浴室の中をわざと暗くしていて、窓の外の景色を際立たせてるのも良かったです。
夫が入った「森の湯」の感想をきいてみると、冬の時期なので枯れた野原しかみれなかったそうです^^;しかし、夏だったら緑色で奇麗だと思うと言っていました。

片山津温泉総湯の混雑具合は?

温泉は午前6時からオープンしていて、午後10時クローズになります。平日の朝9時過ぎくらいに行きましたが、人もそこそこいました。

地元の常連客も多いようで、脱衣所で着替えていたら、おばちゃん達が「イモとれたんだけど、いる?」「いるー!自転車のカゴに入れといて〜」みたいな会話が聞こえてきましたw


スポンサードリンク


2Fのまちカフェでお茶

温泉に入った後、2Fのまちカフェでお茶をしました。

カフェの営業時間は午前10時 〜 午後5時までで、温泉上がってから少し待って、オープンと同時に入店しました。

平日でオープン直後だったこともあり、客は私達だけで貸切状態♪ 2Fも全面ガラス張りで開放感があり、柴山潟を一望できます。

柴山潟が見える、窓際の席にしました。


時間的にランチには早かったので、デザートにしました。
私は気になっていた加賀パフェを、旦那はカフェラテを注文していました。


テラス席もあるのですが、この日は雨が降ったり止んだりしていたので、席は使えずでした。でも外へ出ることはできたので、パフェ待ちの間に行ってみました。


来るときは雨がポツポツ降っていたので、雲が多かったですが青空も見えていました。

目の前には湖が広がり、そして鴨たちもたくさん泳いでいました。鴨の鳴き声を聞きつつ湖をぼーっと眺めて、のどか〜な感じもたまりません^^

 

加賀パフェの味は・・?

そうこうしていると、加賀パフェがきました!

ブロッコリーやかぼちゃのアイス、そして加賀九谷野菜のチップやラスク、さらには温泉玉子も入っているという、今まで食べたことの無いパフェ。

一体どんな味なのか、ドキドキしながら食べてみると、、、想像以上に美味しくてビックリ! 野菜チップスもアイスも、ほどよい甘さ!

底の方にはコーンフレークではなく、加賀米のポン菓子が入っています。その下には野菜のシフォンケーキ&ソフトクリーム、さらに下の層には加賀のはちみつ入り生クリーム、そして棒茶ゼリーが入っていて、色々な味が楽しめるのもイイ♪

甘ったるくなくて、さっぱりしているので最後まで食べやすかったです☆

そして、透明な急須に入っているのは献上加賀棒茶。こちらも上品な味で気に入りました^^

 

片山津温泉総湯からのひがし茶屋街へ☆

まちカフェでゆっくりお茶した後は、タクシーを呼んでもらって、加賀温泉駅へ。そして今度は特急にのり、金沢市にあるひがし茶屋町へと向かいました。
ひがし茶屋街を散策。金箔ソフトや金沢一美味しいパンケーキも食べた!

 

片山津温泉総湯は、ギャラリーや美術館という感じで、今までみた中で一番かっこいい温泉でした☆
また、2Fにはオシャレなまちカフェもあり、デートに使える日帰り温泉ですね♪

温泉に入りながら柴山潟を一望できるというのも良かったです。

また加賀にきた際には、立ち寄りたいと思える素敵な温泉でした^^
次回は森の湯にも入ってみたいな♪

一泊二日の北陸旅行記。冬の石川でカニや温泉巡りも!プラン・感想まとめ

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼