冬にも熱中症にかかるの?かくれ脱水が原因?病状、予防対策方法は?


熱中症というと、夏の暑い時期にかかるものと考えがちですが、寒い冬の時期も、熱中症というのは見られます。私も冬に熱中症というのはピンと来なかったのですが^^;実は冬でも気づかないうちに「かくれ脱水」が原因となり、熱中症を招くケースは多いのです。
そこで今回は冬の熱中症、かくれ脱水になる原因や、ならないための予防対策法までを紹介していきます。


スポンサードリンク


冬に起こる熱中症の原因「かくれ脱水」とは?

熱中症というと夏の病気を連想する人が多いのですが、実際には冬にもこの病気は起こります。そして、冬に起こる場合には「かくれ脱水」による場合が多いと考えられます。
これは、乾燥によって自覚症状がないままに水分が失われて、体液不足になってしまうものです。体液なので水分だけでなく、電解質も失われてしまうことになります。

またこの場合には、夏の場合と違って症状が分かりにくい上に徐々に現れるので、進行するまで気がつかないことも多いです。そうなると非常に危険なので、冬にはこれにならないように十分に注意する必要があります。

 

冬のかくれ脱水の原因は?

 

・空気の乾燥
冬に多いかくれ脱水の原因としてまず挙げられるのは、湿度が高い状態です。秋冬など、気温がそれほど高くなくても、湿度が高い日には要注意です。日本の場合は冬は乾燥することが多く、暖房をつけて部屋を閉めきっていたりすると、空気が乾いて水分が失われる可能性が高くなります。

 

・不感蒸泄
不感蒸泄とは意識しないうちに失われる水分のことですが、冬の場合には特にこのような状態になりやすいと考えられます。

 

・ウイルス感染
その他では、風邪やインフルエンザといった、ウイルス感染などによって下痢や嘔吐が起こり、このために水分が不足する場合もあります。また、冬の場合は夏と違って熱中症に対する注意をしない場合が多いので、普段から水分の補給が不十分になりやすいと言えます。


スポンサードリンク


冬のかくれ脱水の初期病状とは?

 

冬のかくれ脱水の初期症状としては、唇や皮膚がカサつく、ボーッとした感じになる、体がだるい、などの症状が挙げられます。また、水分不足によって血流が悪くなると、むくみやめまいが出ることもあり、さらに微熱や不整脈、頻脈が生じる可能性もあります。

そして、水分が不足することで便秘になりやすくなると同時に、脱水によって塩分も少なくなることがあり、その場合には足がつるなどの症状が出ることがあります。

以上のように、かくれ脱水の初期症状には様々なものがあり、他の病気でも生じるような症状も多いので、その点でも十分に注意する必要があると言えます。

 

脱水病状が進行するとこんな危険も!

脱水症状の場合は自覚せずに放置していると、進行して極めて危険な状態になる可能性も考えられます。

水分が不足して血の流れが不十分な状態になると、血液がドロドロして脳梗塞などの生命の危機につながるような病気を引き起こす可能性が出てきます。
さらに脱水は肺炎を重症なものにする危険性もあり、特に高齢者の場合には気を付ける必要があります。また、水分が足りないと体内の水分を保持するために尿の排泄機能が落ちて、膀胱炎などになってしまうことも考えられます。

以上のように、脱水症状が進むと重病を引き起こす可能性があるので、少しでも気になる症状が出た場合は病院を受診するようにした方が良いでしょう。

 

かくれ脱水にならないための予防対策法は?

 

かくれ脱水を予防するために大切なことの1つは、こまめな水分補給です。これは、夏の熱中症対策としてよく推奨されることですが、冬の場合にも同様に行うことが大切です。汗をかかないから水分をとらなくていいという事ではなく、こまめな水分補給が必要です。

さらに、電解質が摂れるような経口補水液を飲むことも、対策としての効果が考えられます。

また、乾燥を防ぐために部屋に加湿器を置いて湿度を調節したり、2~3時間に1度くらい換気すれば、かくれ脱水の予防になるでしょう。

また体内の調整機能がまだ未熟であるような子供や、高血圧や糖尿病、心臓病などの持病もちの人、暑さを感じにくいような高齢者の場合には、隠れ脱水になりやすいために家族が十分に注意することも大切と言えます。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼