牡蠣にあたった!病状や原因、対処法は?下痢だけの場合もあるの?


牡蠣といえば、海のミルクと言われるほど栄養価も高く、また美味しいと人気のある食材ですが、その一方で食あたりを引き起こしやすいとも考えられいます。私も牡蠣にあたったことがあり、トイレとお友達状態になったことが…(›´ω`‹)

しかし牡蠣にあたったといっても、下痢のみの場合や、嘔吐や発熱したという場合など、病状も様々です。そこで今回は、牡蠣で食中毒になったら下痢だけの場合もあるのか?他にどんな病状があるのか?また原因や対処法についても紹介していきます。


スポンサードリンク


牡蠣にあたる原因は?

まず、なぜ牡蠣にあたるのかその原因について調べてみました。
牡蠣にあたる原因は、食中毒を引き起こしやすいウイルスが潜んでいる事が多いからです。
その原因となるものに、まず最も名前の知られているのにノロウイルスが挙げられますが、腸炎ビブリオが原因になって食中毒を起こす事もあります。

また麻痺性貝毒や下痢性貝毒、アレルギーによっても体調を崩す事があります。生で食べる、または加熱不十分で食べる事で牡蠣にあたる確率が高くなってしまうのです。

 

牡蠣にあたったらどんな病状が出る?潜伏期間は?

牡蠣にあたる場合、食べてからすぐに症状が出る訳ではありません。まず24〜48時間の潜伏期間があります。その後、突発的な激しい吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、発熱、悪寒などの症状が出てきます。急性期の間はこれらの症状が続き、ずっとトイレに居続ける状況になる事もあります。

症状が出ている時は、体がウイルスと戦っている状態で、通常1~2日経過すると改善していきます。ただし乳幼児や老人など、免疫力が低下している人の場合は長引く可能性もあります。

 

病状が下痢のみの場合もある?

牡蠣を食べた後、ノロウイルスなどの食中毒にかかると、通常は激しい下痢や嘔吐を伴います。
ただ、中には軽い腹痛や下痢のみで症状が治まる事もあります。この場合は、実は下痢性貝毒という可能性が高くなります。貝が海中の有毒プランクトンを食べて毒を蓄え、毒化した貝を人が食べる事で起こる食中毒で、吐き気や嘔吐を伴う事があっても軽い症状で済みます。
健康な大人ならば3日以内に回復するのが普通ですが、子供など体力が弱い人は重症化する恐れもあるので注意が必要です。


スポンサードリンク


牡蠣にあたった時の対処法は?

牡蠣にあたったが場合、吐き気や嘔吐、下痢が止まらないため薬に頼りたくなりますが、体がウイルスを必死で体外へ追い出そうとしている状態なので、下痢止めはNGです。とにかく体の中にある毒素を出す事が最優先で、全てを出し切ってしまうのが対症療法となります。

ただ脱水症状にも気をつけなければいけないので、水分補給もきっちりと行うようにします。最初からガブガブと飲むのではなく、ゆっくりと少量ずつ飲むようにして、様子を見ていくのが基本です。
そして安易に自己判断せず、症状が酷くなるようであれば病院を受診するようにします。

 

まとめ

牡蠣で食中毒になる原因はノロウイルスだけではなく、腸炎ビブリオや下痢性貝毒の可能性も考えられます。その原因によって症状も少しずつ違いますが、基本的には下痢や吐き気、嘔吐を伴う事が多いです。

嘔吐や下痢をすると脱水症状になる可能性も高くなるので、こまめに水分補給をする事が大切です。

また体の中のウイルスを全て排出させる事が最も大切なので、下痢止めなどは摂取せず、全てを出し切ってしまうのが早く完治させるポイントです。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼