インフルエンザと新型インフル 病状の違いや予防接種の時期まとめ


インフルエンザ 予防

毎年、世界中で流行する「インフルエンザ」
冬シーズンになると、ピークを迎
えますね。
街でもマスクをしている人を良く
見かけます。

また、インフルエンザの集団感染
による、学級閉鎖などのニュース
もよく流れます。

感染を防ぐためにも、正しい知識
をもって、適切な予防策をとるこ
とが大事ですね!

今回は、通常のインフルエンザ、
さらに新型インフルエンザの病状
や、風邪との違い、そして予防接
種の時期などについて、まとめてみました。


スポンサードリンク


インフルエンザの病状の特徴。風邪との違いは?

 

まず、インフルエンザの病状と特
徴、そして風邪との違いについて
見ていきたいと思います。

風邪とインフルエンザの大きな違
いは「発熱」です。

インフルエンザ 熱

★風邪の場合

 37度くらいの微熱

 3つの諸症状・・・喉、鼻、咳がでるのが風邪。

 重症化する事がない。

 

★インフルエンザの場合

 突然発熱し、高熱が出ます。
38度は当たり前。39、40度になる場合もあります…

 諸症状もありますが、熱が高いので全身
頭痛、関節痛、筋肉痛
といったものが全面に出ます。

 重症化し、生命に関わる危険性もあります。

 

新型インフルエンザとインフルエンザの違いは?

 

★インフルエンザ

インフルエンザは、流行る時期が
あるもので、A、B、C型の、3つ
タイプがあります。

A、B型がほとんどで、マイナーチ
ェンジを毎年繰り返します。
このために、前の年にかかったも
のに対して抗体があっても、次の
年に対応できなくて、かかってし
まう。こういったものを、「季節
性インフルエンザ」と呼びます。

 

★新型インフルエンザ

「新型インフルエンザ」は、今ま
で無かったものが突然現れるため、
免疫が無いので、全国に蔓延し、
大流行してしまうので怖いです><

ウイルスは自分だけでは増殖でき
ず、他の生き物の細胞の中に潜り
込み、その機能を利用して子孫を
増やしていきます。
子孫が増えると、その細胞を破壊
してまた別の細胞に潜り込む。と
いう事を繰り返しています。

インフルエンザウイルスは、もと
もと、鳥や豚に感染し、人に感染
しにくかったウイルスが性質を変
えて、人に感染しやすくなったのです。

鳥と豚

今年の春、中国では鳥インフルエ
ンザが発生し、多くの感染者が報
告されています。
それが人間にも感染する、新しい
タイプのウイルスが出現しています。

人から人へと効率よくインフルエ
ンザを発症させる能力を獲得した
もの。それが新型インフルエンザ

変化したウイルスの多くは、もと
もと鳥や豚が由来のものです。
ですので、人はそういったウイル
スに対してほとんど免疫をもっていません。

こういったウイルスが人間に入り
込むと、世界的な大流行=パンデミック
を簡単に引き起こしてしまうのです!

誰も免疫を持っていないため、感
染すると悪化しやすいのです。

 

新型インフルエンザの病状は?

 

新型インフルエンザの病状は、一
般的には、通常の季節性インフル
エンザと同じです。

発熱(38度以上の高熱が出る)、
全身倦怠感、関節痛、筋肉痛など
の全身症状や、せき、たん、のどの痛みもあり。

熱 イラスト

 

通常は一週間から10日くらいで抗
体ができて自然に回復していきます。

 

インフルエンザ(新型も!)は感染すると重症化する場合あり。

 

また、通常と新型のインフルエン
ザも含め、ウイルスに感染すると
重症化することがあります。

糖尿病や喘息などの呼吸器疾患、
腎臓病、乳幼児や、
免疫力が低下しているといわれる
妊娠中の方が感染すると、重症化
する場合があるので注意が必要です。


スポンサードリンク


 

インフルエンザにかからないためには?

 

 流行する前に、インフルエンザワクチンを打つ。

 

 家に帰ったら、手洗い、うがいを徹底する
アルコール消毒が非常に有効です。
石けんと流水の手洗いも、ウイル
スを洗い流すという点で重要。

 

 部屋の加湿。
冬は乾燥するので、湿度を保つ。

 

 免疫力をあげるために、十分な休養・栄養を摂取する

 

 人ごみを避ける。
どうしてもという時は、マスクをつける

 

インフルエンザ対策にも有効な、
マスクの着用法については、下
の記事を見てみて下さい^^

インフルエンザ対策に!マスク着用法まとめ

 

最も効果的な予防は?

 

最も効果的な予防は、流行する前
にワクチンを打つ → インフルエンザの予防接種を受ける事です。

予防接種

インフルエンザにかからない。と
いう意味合いでは無いですが、感
染しても、症状を抑える効果が認められています。
また、かかってしまった場合でも
重症化しにくいので、重症化を防
ぐためにも、受ける事が大切です。

 

予防接種を受ける時期は?

 

ワクチンは打ってから、実際に抗
体がつく(効果を発揮する)まで
に2週間以上かかります。

即効性があるものでは無いですの
で、ある程度前に打つのが望ましいです。

ただ、効果は5ヶ月程と言われて
いますので、早ければ良い。とい
うものでも無いようです^^;

時期に合わせて、計画的に予防接
種をし、インフルエンザを予防しましょう。

 

インフルエンザかな?と思ったら…

 

熱や咳などの症状が出て、インフ
ルエンザにかかったかな?と思う
場合も、すぐには病院に駆け込ま
ず、まずは病院に電話をして、そ
この指示に従いましょう。

病院

そして、病院に行く場合は、他の
人にインフルエンザ感染を広げな
いためにも、必ずマスクを着用しましょう。

 

インフルエンザにかかっても、パ
ニックにならないように、常に冷
静な行動を心がける事が必要です。

そして、個人レベルでできる対策
をしっかりと行うことが大切ですね。

 

ウイルス対策をしっかりとして、
感染や流行を防ぎましょう!


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼