二日酔いの原因は?つらい時の対処方法やならないための防止法も!


忘年会、クリパ、新年会などなど、年末年始は特に飲む機会も増えてきますね。つい飲み過ぎて、次の日の二日酔いが辛い。。なんてことも・・私も飲みの席で調子にのって飲み過ぎてしまい、翌日、二日酔いになって後悔することも何度もありましたorz

今回は、なぜ二日酔いが起きるのか?原因や、二日酔いになってしまった場合の対処法、また、ならないための予防法についても紹介していきます。


スポンサードリンク


二日酔いになる原因は?

アルコールには血管を拡張させる働きがあります。そのため血流が良くなり、体が温まるというメリットがあるのです。しかし同時に腎臓への血流量が増えてしまうために、普段よりも尿量が増えてしまうという利尿作用もあります。

体の中の水分が通常よりも多く失われるということは、体に脱水症状が起きているということになり、頭痛や体のだるさなどの二日酔いの症状がでます。
また肝臓で糖分を生産する働きが弱まることで、低血糖症状も起こします。こういったことが二日酔いの症状につながっています。

 

二日酔いになった時の対処法は?

続いて、二日酔いになってしまった時の対処方法についてみていきましょう。

・食欲不振の場合の対処法
食欲不振が起きている時には脱水状態であることが原因であるため、スポーツドリンクなどで水分を補うようにすると良いでしょう。

・吐き気がある場合の対処法
吐き気がある時には、少しずつ水分をとるようにしましょう。

・体がだるい場合の対処法
体のだるさに関してはアセトアルデヒドが原因となっていることがあるので、シジミの入ったおみそ汁などが効果があります。

・頭痛の場合の対処法
ズキズキとした頭痛がある時には、コーヒーを飲んで血管を収縮させるとおさまる場合があります。


スポンサードリンク


二日酔いに効くオススメな薬は?

二日酔いになった時には、薬を使って症状を和らげるという方法もあります。

・ハイチオールC
ハイチオールCは代謝を助けるアミノ酸L-システインが配合されており、二日酔いになる原因物質の分解を助けてくれる薬です。

・ヘパリーゼ
ヘパリーゼは肝臓の働きを良くする薬で、お酒を飲んだ直後に飲むことで二日酔いの予防効果があります。

・胃腸薬
また食欲不振や吐き気などの症状がある時には胃腸の働きが弱っていることがあるので、胃腸薬を使用することで二日酔いの症状が軽くなることがあります。
こちらの動画で、元バーテンダーの人が二日酔いを改善する方法を公開していますが、大正漢方胃腸薬が最も効果ありと言っていました!

 

二日酔いにならないための予防法はコレ!

二日酔いにならないように予防できることは他にもあります。
ヨーロッパで人気のある方法のひとつが、お酒を飲む前にオリーブオイルをスプーン1杯飲んでおくという方法です。オイルの膜ができて胃を保護する働きがあります。


またお酒を飲む時は空腹時を避けることや、水分補給をしっかりとすることも重要です。

その他に、ウコンに含まれるクルクミンという成分にはアルコールの代謝を高め、肝臓の機能を助ける働きがあるため二日酔いの予防に効果があるとされています。

ウコンの効果や飲み方については、こちらの記事でも紹介しています。

→ 二日酔いにウコンがなぜ効くの?より効果的な飲み方や摂取量は?

 

サプリメントで手軽に二日酔い予防!

二日酔いの予防には、サプリメントを使用するという方法もあります。
秋ウコンホワイトは、肝臓の保護をする成分であるテトラヒドロクルクミノイドが含まれていて、二日酔いに効く優秀なサプリメントです。水なしで飲めるタブレット型になっているので、どこでもさっと服用することができます^^



秋ウコンにはクルクミンの含有量が他の種類に比べて多いために、アセトアルデヒドの分解を促す効果も高くなります。ウコンが入っているサプリメントは、ウコン特有の苦みや臭みが出てしまうものが多いのに比べて、この商品は爽やかなレモン風味の味付けになっているため、美味しく飲むことができます。

→ その二日酔い・悪酔いに、白い秋ウコンのちから。

いくつか二日酔い対処法や防止法を紹介しましたが、二日酔いがつらい時や、回避したい時には試してみてくださいね^^


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼