日焼け止め使用でビタミンDが不足するのはなぜ?対策法は?


ビタミンDは、骨を健康に保つのに欠かせない栄養素です。食品からの摂取も可能ですが、日光を浴びることによって皮膚でも作られています。

ところが最近、日焼け止めを週3回以上の頻度で使用している人の血中ビタミンD濃度が低く、欠乏状態であったとする研究が発表されました。これは大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査によるもので、大きな話題となっています。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。その詳細と理由、対策法について、紹介していきます。


スポンサードリンク


なぜ日焼け止めでビタミンD不足になるの?

ビタミンDは、日光の中に含まれる紫外線によって体内で生成されます。具体的には、皮膚で転換された後に肝臓で代謝され、血液中を循環しています。よって、血中濃度を確認することで、栄養状態を量ることができます。

しかし適度な日光浴を行わないと、十分に栄養素が生成されずに不足してしまうこととなります。また、例え日光を浴びていたとしても、日焼け止めクリームを肌に塗っている場合は、その成分によって紫外線が弾かれたり、分解されることから肌に届きにくくなります。そうすると日光浴不足となり、栄養も不足してしまうのです。

 

ビタミンDの栄養効果とは?不足するとどうなる?

ビタミンDには、骨を丈夫にする働きがあります。また、カルシウムの利用を促進する働きや、免疫力をアップさせる効果のほか、感情のバランスを保つホルモンで、幸せホルモンとも呼ばれるセロトニンの分泌も促します。更には、美肌効果も期待できます。

皮膚への殺菌作用を持つことから、ターンオーバーを促進し、アンチエイジングにも効果的です。

よってビタミンD不足になってしまうと、体内のカルシウムの働きが乱れて骨粗しょう症になったり、情緒の安定が保てずにうつ症状を引き起こすことがあります。また、免疫機能の低下で病気にかかりやすくなったり、肌荒れの原因にもなります。

 

ビタミンD不足にならないための対策法は?

ビタミンD不足を避けるためには、次のような方法が効果的です。

 適度な日光浴
まずは適度な日光浴です。とは言っても、長時間に渡って日差しに当たる必要はありません。日差しが強すぎない午前中などに、5~10分程度浴びるようにします。また、日差しの弱い冬の場合は、1日で60分程度は日に当たるようにしましょう。

 食事から摂取する
次に、食事で摂取する方法も効果的です。サンマやイワシ、サバ、鮭などの魚や、きのこ類や卵にもビタミンDが豊富に含まれているため、意識して摂取すると良いでしょう。

 サプリメントで補う
どうしても日々の生活からの摂取が難しい場合には、栄養を補う目的でサプリメントを利用するのも一つの手段です。


スポンサードリンク


飲むタイプの日焼け止めでビタミンD不足を回避!

日焼けはしたくないけれど、ビタミンD不足を解消したい!という人に向いているのが、飲む日焼け止めサプリです。紫外線による肌への悪影響を抑制する効果が含まれており、日焼け止めクリームを塗らなくても、内側から肌のケアを行うことができます。

中でも「まっしろ美白習慣」は、ビタミンDをはじめ、コエンザイムQ10、ルテイン、リコピン、ビタミンCなどなど、美肌・美白効果をサポートしてくれる成分も多く含まれているため、健康的に綺麗な肌を目指すことができます。



下記の公式サイトから定期便に申し込むと、毎月300名限定で、93%オフの初回500円で購入することができます。いつでも解約可能となっていて、さらに30日間全額返金保証までついているので、初めてでいきなり定期便に申し込むのが不安な人でも、安心して利用することができます。

美しさをキープするためのサポート まっしろ美白習慣

飲む日焼け止めもうまく活用して、ビタミンDもしっかり補いつつ日焼け対策していきましょう♪


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼