湯河原のゲンセンカフェ(gensen cafe)に行ってきた感想


湯河原にある、「gensen cafe(ゲンセンカフェ)」に行ってきました^^
源泉掛け流しの天然温泉にも入れるし、本格カフェでは、人をダメにするソファ「ヨギボー」でゴロゴロしながらマッタリのんびりできたり♡
「人をダメにする温泉カフェ」というキャッチフレーズも印象に残り、ブログ記事などを見ていて気になっていました。

今回、日帰りで利用したので、その感想レポを画像付きでお伝えします^^


スポンサードリンク


湯河原にある「gensen cafe(ゲンセンカフェ)」とは?

「gensen cafe」は、The Ryokan Tokyo YUGAWARAという旅館内にできたカフェで、2017年の2月にオープンしたばかり。
旅館自体も、もともと保健所だった建物を外国人向けの旅館にリノベされて、2016年3月にリニューアルオープンしました。なのでこれまで宿泊者限定だったレストランが、カフェとして一般開放されることに。

 

日帰り or 宿泊も可!

宿泊することもできますし、日帰り温泉としても利用できます。宿泊部屋は和室(個室)と、それ以外にもドミトリースタイルの部屋もあり、ゲストハウス感覚で気軽に利用できます^^

The Ryokan Tokyo YUGAWARA宿泊プランはこちら

 

私は前日に別の旅館に泊まっていたので、今回は日帰りで利用しました。前日に宿泊した旅館の感想はこちら。
ATAMI海峯楼の和室「爽和」に泊まった感想【宿泊記】

 

gensen cafeへのアクセスは?

gensen cafeへのアクセスですが、最寄り駅は湯河原駅になります。
住所は神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742

駅からは歩いてだと約40分ほどかかります。タクシーだと約15分ほど。
バスの場合、湯河原駅から箱根登山バスで「藤木橋」バス停下車して、そこから徒歩10分ほどです。

送迎は宿泊者のみで、カフェのみ利用の場合は行われていません。

 

源泉カフェまで歩いて行ってみた。

徒歩だとかなり遠いのですが、時間もあったし前日に食べ過ぎたこともあり^^;運動がてら歩いて行ってみることに。

カフェの営業時間は土日祝は午前10時からで、平日は午後14時からと遅めです。
前日に宿泊した旅館は11時にチェックアウトして、湯河原駅に着いたのは11時半頃でした。そこからテクテクと歩いていって、途中、万葉公園や五所神社に寄り道したり。旅館に着いたのは14時すぎくらいで、ちょうどいい時間でした。

 

五所神社の前の交差点を右に曲がって、坂を登っていきます。ここからは歩いて10分ほど。

The Ryokan Tokyoの案内の看板も所々に出ているので、迷うこともなかったです。が、急坂もありかなりキツいです。。

駐車場もありますが宿泊者専用です。

近隣駐車場は坂の下にあり、カフェ利用の場合は車できたとしても、急坂を上ってくることになります。バスも同様。なのでカフェのみ利用する場合は、タクシーが一番スムーズです。これはちょっと行き辛いし不便ですね。。

 

The Ryokan Tokyo YUGAWARAに到着!

まず旅館入り口の前にある、京都・伏見稲荷の鳥居をモチーフにした門も印象的。

門をくぐって中に入ると、浅草・雷門をイメージした大きな赤提灯が!

 

ロビーは吹き抜けになっていて開放的。上を見上げると、浮世絵が描かれた大凧もあってインパクト大!

 

入り口付近に靴用のロッカーがあるので、ここに靴を入れて、スタッフさんに案内されて受付へ。

外国人スタッフの方が多かったです。


スポンサードリンク


手ぶらdeほっこりパックを利用♪

まずは受付で入館手続きをすませます。

温泉+ワンドリンク(800円以下)+館内着&タオルがセットになった、「手ぶらdeほっこりパック」というのを利用しました。オープニングキャンペーン実施中だったので、通常料金2,000円のところ、1,500円で利用できました♪ ※キャンペーンは3月31(金)まで。

利用時間は2時間半です。

館内着は浴衣と作務衣があります。女性は好きな色の浴衣と帯を選べます。

手提げバッグ付きで一式貸してもらえるので、着替えも入れておけます。

 

Gensen Cafeにはヨギボーがたくさん!半個室スペースもあり

「Gensen Cafe」とかかれたのれんをくぐると、カラフルなヨギボーがたくさん置かれたくつろぎスペースが!
のれんで仕切られた半個室タイプと、仕切りなしのスペースがあります。

半個室スペースを専用で割り当ててもらえました。

電源もあるし館内はフリーwifiなので、PC作業もOKだし、コワーキングスペースとして利用するのにもいいですね^^隣の席の人は、パソコンを持ち込んで仕事していました。

歩き回って疲れたのでヨギボーでダラダラしたいところですが、一度すわってしまうと起き上がれなくなりそうなので^^;まずは温泉へ。

 

まずは大浴場へ。

大浴場へいく途中に、コタツでくつろげるスペースもありました。

コスプレルームも発見!

アニメキャラやメイド服など、色々な衣装を借りることができ、コスプレ体験もできます。これは外国人客にもウケよく、人気だそうです^^

シャワー室も完備されています。

そして階段を下りていくと、男女別の大浴場が。

入ってすぐのところに、貴重品を入れる小さな鍵つきロッカーもあります。
洗面所にはドライヤーと、化粧水、髪止め用のゴムやコットン等も置いてあったり、アメニティも完備されています。あと、コインランドリーもありました。

大浴場は内湯のみ。壁一面に、富士山の絵が描かれていました。洗い場は4、5カ所くらいだったかな。シャンプー、コンディショナー、洗顔などは揃っています。

最初、私以外に1人いたのですが、その後に友達同士で2人きました。

お湯はすごくまろやかで、独特の硫黄の臭いなどもなかったです。でも芯からあったまる感じ。湯河原の源泉掛け流し天然温泉だけあって、とても良かったです。露天風呂もあったらいいのにな。

お風呂を上がり、浴衣に着替えていたら、人が徐々に増えてきました。脱衣所も狭いので、混雑してくると着替え辛いです。。

 

温泉に持ち込みもOKなデトックスウォーターもあり!

大浴場に行く手前のところに、自由に飲めるデトックスウォーターもありました。
レモンとペパーミントが入っています。

お風呂上がりに頂きましたが、温泉内に持ち込みもOKのようです。

 

大浴場と宿泊部屋の動画

1Fと3Fには、宿泊スペースもあります。

大浴場や宿泊部屋は撮影できなかったですが、こちらの紹介動画をみてもらうと、雰囲気もわかりやすいです。

 

温泉後はカフェスペースでまったり

温泉であったまった後は、ヨギボーのあるカフェスペースへ。

メニューの注文はこちらのカウンターで。カウンター横に、デトックスウォーターも置いてあります。

800円以下のドリンクが1杯無料で飲めるので、ドリンクメニューの中から好きなものを選びます。

旦那は濃厚アイスカフェオレを。

 

私は栗駒高原牛乳にしました。こちらは1本350円なので、もう一つ選んでいいとのことで、コーヒー牛乳も追加しました。

 

スムージーもあったので、これも追加注文しました。

 

源泉カフェのメニューについて

ビールやワインなどのアルコール類も豊富。


フードメニューも色々とあります。
スキレットを使った料理や、低カロリー低糖質のグルテンフリースープなど、女性ウケしそうなメニューが多かったです。

 

フィッシュ&チップスやボトルインピクルス、だだちゃ豆、フライドポテトなどのおつまみ系も。

スキレット料理も食べたかったのですが、バータイムメニューで17時以降でないと注文できないようで残念…カフェタイムだとメニューが驚く程少なかったです。。

 

「ジャパニーズマカロン」というのを注文しました。
花や魚の形をした最中に、あんこやジャム、クリームを自由に挟んで食べられます。
クリームは豆乳入りでヘルシー。

 

旦那はランチプレートを注文していました。少しもらいましたが、野菜もお肉も美味しかったです。

 

半個室だとのれんで仕切られているので、周りに気を使うことなくリラックスできるのもいいですね♪
ヨギボーに身を包みながら、まったりのんびりできるのも最高★ ただ1人では充分だと思いますが、2人だと狭いですね。。

時間になったので、服に着替えてからお会計へ。着替えは先ほどの大浴場になるので、それもちょっと面倒ですね。。

帰りはタクシーを使うことに。スタッフの人に言うと、タクシーを呼んでくれました。

 

湯河原カフェを利用した感想まとめ

アクセスが非常に悪く(駅からは遠く、最寄りのバス停からも急坂をかなり歩く)、集客に苦労しているのではと思ったけれど、かなり混雑していました。

土日以外は14時からオープンという事でかなり時間が遅いと感じたけれど、15時あたりから人が集まってきました。
メニュー等も夜メニューが充実している事から、夕方から夜間にかけてが繁盛時間帯なのだと思います。

サービスや運営はいまいちだったけど、源泉カフェと言うだけあってお湯の質は素晴らしかったです◎ とてもなめらかで、クセが無く、特有のニオイもない。とても入りやすいお湯でした。

デザインは、外観、内観ともに海外客向けのジャパンデザイン。鳥居をイメージしたアプローチ部分など、単純に楽しいです。
館内着は、浴衣、甚平の他、コスプレ用衣装も貸出ししており、2020年オリンピックを意識してそう。。。

外国人客はあまり見かけなかったです。20代前半くらいの若者が多く、カップルや、友達グループで来ていたり、ワイワイ賑やかでした。
気軽に日帰りでも利用できるし、安く宿泊できるので学生旅行にもおすすめです★ デートでも楽しめそうですね♡

 

温泉とカフェを融合した「おふろcafe」と比べると…

温泉とカフェを融合といえば、「おふろcafe」も話題になりましたね。

私も以前行きました。
おふろカフェビバーグが熊谷にオープンしたので早速行ってきたよ!

おふろカフェ(大宮)に宿泊した感想。カップルデートにもおすすめ!

 

お風呂カフェと比べると規模は小さいですが、元々はゲストハウスだから仕方ないのかなと思います。
お風呂カフェよりもお湯はよいですが、狭いのが残念。。また、サービスはお風呂カフェに比べると、慣れてないのかあまり良くなかったです^^;

ゲンセンカフェの方は、居場所はどこでも自由のお風呂カフェと違い、半個室スペースを専用で割り当ててもらえるので、場所取りなどをしなくて済む上に、プライバシー性が保たれ、居心地が良かったです。しかし、一つ一つのスペースが小さいので一人ならまだ良いが、二人だとキツイですね^^; せっかくのヨギボーも十分に楽しめなかったです。。

大宮のお風呂カフェが、源泉カフェのお湯だったら最高だなと思いました。
近かったらまた行きたいと思いますが、タクシー使ってまで行きたいとは正直思わないですね。。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼