アイプチがバレないよう、自然に二重にするおすすめの方法を紹介!


ぱっちり二重に簡単になれることで愛用者も多いアイプチですが、使用方法によっては使っていることがバレバレという時があります(。>﹏<。)
ちょっとしたコツをつかんで、ばれない自然な二重にする方法を取得しましょう☆


スポンサードリンク


アイプチが失敗する原因は?

まず、アイプチ利用者でやってしまいがちな間違いは、幅広の二重にしたいがために、目頭から目じりまでたっぷりと液を塗って、大きなラインを作ろうとしてしまうこと。これではまぶたが引っ張られてひきつった目元になってしまいます。
自分では鏡で正面からしか見ないので気が付かないかもしれませんが、周りからは不自然さが悪目立ちしてしまいます(´Д`;)

 

アイプチで二重を自然に見せるコツや注意点

作りたいラインの全体にアイプチを塗らずに、目頭から3分の1まで、または中央のみに薄くひと塗りします。つけすぎるとノリが目立ってしまいます。あくまでも薄くつけます。

そして液が乾き始めて透明になったところで、プッシャーを使ってラインに合わせて押し込みます。プッシャーは厚みがあるので使いにくいというときは、爪楊枝やヘアピンなど使いやすいアイテムを探してみましょう。ただし、先がとがっているのでくれぐれも目に入らないように注意してください。

そして理想のラインを作りますが、この時の目的はかわいくなるためであって、ただ幅広にラインを作ればいいというものではありません。自分の目の形、顔にあったラインを探し出すことが個性を失わず、さらに自然に見せるためには必要です。

アイプチの液は乾くと透明になりますが、化粧水やクリームを塗った直後は乾燥するまでに時間がかかります。特にクリームなどのオイル成分が肌に残っていると、粘着力が弱まることにもなります。
化粧水はよく乾いてから、クリームやオイルは目元には塗らないなど、工夫をしてください。


スポンサードリンク


アイプチがバレないためのメイクテクとは?

アイプチがばれないようにするためには、メイクのテクニックも重要になってきます。
メイク後はファンデーションなどの油脂や粉末が粘着力を弱めるので、メイク前に二重にしておくのがよいでしょう。

乾くと透明になっている糊の部分でも、アイシャドーなどが付着するとそこだけテカったような光沢が出てしまうことがあります。糊の部分が肌の表面に出てこないように、極力奥に押し込んでラインを形成するようにしてください。そこさえクリアできればメイクは普段通りに行って大丈夫です^^

より自然に仕上げるためには、アイシャドーで陰影をつけるとうまくいきます。

me2

アイホール全体には明るい色、二重の幅の部分に濃いシャドーを乗せ、アイラインをしっかりと引きます。
無理に引っ張ったりこすったりするとラインが崩れてしまうので、シャドーを塗るときにはチップではなくブラシで軽く乗せるように。アイライナーは液状のものは糊の部分に重ならないように注意しましょう。

メイクを修正したい場合も、こすったりせず綿棒などにメイク落としをつけて優しくなでるようにします。メイク後でも涙が出てしまったり、つい目をこすってしまったりということがないように注意してください。

よりぱっちりした目もとにするために、つけまつげを使うのもおすすめです。長いまつげがはみ出た糊を隠してくれるのでばれにくくなります^^

 

寝ている間に二重をクセ付けする方法も

寝ているときに二重をクセ付けができる二重コスメを使う。というのもテクニックです☆
就寝中にまぶたに癖をつけておくことで、きれいなラインが作りやすくなりますし、継続して使用していることで本当に二重になったという人もいます。

こちらのナイトアイボーテ
なら、美容成分も高配合されているので、長時間の使用でも瞼のかぶれやかゆみなど、肌への負担も軽減できます^^
就寝中はまばたきをしないので、二重のクセも付けやすいのでおすすめです。

今なら先着で限定100名のみ、通常価格よりも割引で購入ができます☆ 損しないよう早めにチェックしてみてくださいね!

ナイトアイボーテの詳細・購入はこちら



自分にぴったりのアイテムを見つけて、魅力的な目元を目指しましょう♪


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼