珈琲豆や粉の保管方法は?冷蔵や冷蔵保存の方が常温より長持ちする?


mame4

起き抜けの一杯や、昼下がりの一服、そして夕食後に…と、色んな場面で欠かせないコーヒー。インスタントを常備しているという方から、こだわりのドリップやメーカーを用いて本格的に楽しんでいる方まで、味わい方はさまざま。

さて、最近コーヒーにこだわり始めたという方が疑問に持つのは、珈琲豆や粉の保存方法ではないでしょうか。
インスタントでも封を開けてしまうとどんなに頑丈にふたをしめていても、しばらくたてば湿気っていたり香りが落ちてしまいます。新品を開封したら部屋中にいい匂いが広がるので、これをできるだけ長く保ちたいもの。ここでは珈琲豆・粉の保管方法を紹介していきます。


スポンサードリンク


珈琲豆や粉の保管方法について

 

まず、長期保管するならば粉の状態よりも豆の状態が適しています。

mame2

面倒だし一辺に豆を挽いちゃえ!というお気持ちも分からなくもないですが、一度豆を挽いてしまうと鮮度がガクンと落ちてしまい、長期保存には向きません。手間ではありますが、毎回おいしいコーヒーを飲みたいなら、使う分量だけ挽くようにしましょう。

また、当然といえば当然ですが豆も鮮度が命です。賞味期限を吟味して、できるだけ新鮮な豆を購入することがおいしく飲むコツです^^

コーヒー豆を保存する時の注意点は?

 

珈琲豆を保存する上で、天敵は何だと思いますか?

mame1

それは、
・酸素
・高温
・多湿
です。

夏は大敵というわけですね。酸素は言わずもがな。パンでも野菜でもスナック菓子でも、封を開けっ放しにして空気に触れさせることでどんどん品質が落ちていきます。必ず密閉しましょう。

そして湿気によって、高い温度によっても質が落ちていきます。特に湿気は、容器内でカビが生える原因となるため、要注意です。

 

珈琲豆は冷蔵よりも冷凍保存がいい理由とは?

 

それらがマッチした最高の保管場所は「冷凍庫」です。
「冷蔵庫でもいいんじゃない?」と思いがちですが、豆には脱臭効果があり、きちんと袋を密閉できていないと冷蔵庫の中の匂いを吸い取ってしまいます。すなわち、豆が「臭くなる」のです。

さらに冷蔵庫は比較的開け閉めが多いため、温度変化が多いというのも難点。気温の変化によってどんどん劣化するので、やめておいた方が良いです。


スポンサードリンク


珈琲豆を冷凍保存する時の注意点は?

 

冷凍庫に入れる際は、一回の使用量を小分けにして袋にいれて、さらにもう一枚袋に入れるとより良いです。冷凍すると凍ってしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、珈琲豆の水分量は約1%なので問題ありません。凍結する恐れがないため、安心して保管してください。

また、使用するときは常温の珈琲豆や粉と取り扱い・使用方法が同じなので、こちらも安心してください。

ただし何度も解凍したり冷凍したり、といったように繰り返すと劣化の原因となります。先述の通り、1回分の使用量を小分けにして袋詰めして、毎回一袋ずつ取り出すようにすれば大丈夫です。

zip

小分けにした袋を入れておく容器ですが、この場合、タッパーやジップロックなどを使えばまわりの臭いも遮断できて、スリムに空間を使うことができるのでおすすめです。

 

コーヒー豆の酸化を防ぐなら真空保存もおススメ!

 

また、真空保存容器なら珈琲豆の酸化を防いでくれます。こちらも長期保管をする時にもおススメです^^

上記の動画で紹介されていた「真空ハジーパック」は、こちらの楽天市場でも購入ができます。

真空ハジーパック A-Type 米換算1kg 焙煎豆換算500g

価格:2,700円
(2017/1/2 23:15時点)

珈琲豆や粉の保存期間や賞味期限はどのくらい?

 

冷凍庫で保管した場合、珈琲豆は3ヶ月粉の状態なら1ヶ月を目処にするとよいです。とはいっても、ギリギリまで保存せずなるべく早めに召し上がってくださいね。

きちんと保管して、おいしいコーヒータイムを過ごしてください^^


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼