車内の紫外線対策はどうする?おすすめ日焼け予防法やグッズを紹介!


自動車の車内は、実は紫外線にさらされやすい環境にあります。長時間運転する場合やドライブなどで助手席にいる場合は、紫外線によって思わぬ肌トラブルを引き起こす可能性もあります。そのため、紫外線を防ぐための様々な取り組みをしなければなりません。

そこで今回は、車内での紫外線対策について、オススメの日焼け予防方法やグッズなどを紹介していきます。


スポンサードリンク


車内でも日焼けするの?

車に乗っていても、紫外線は入ってきます。
車の技術は年々進化しており、車のガラスが紫外線を99%カットしてくれるものも多く、運転席の前のフロントだけでなく、サイドやバックまで全てUVカットガラス搭載という車もあります。ただ、太陽の光のうち一部は透過して車の内側にも届きます。

紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)という風に、種類があります。なので、UVBに対しては車の紫外線99%カット効果があるけれど、UVAは実は対象ではなく、UVカット効果は99%以下という場合もあります。

そのため、車の中で長時間いると日焼けしてしまう可能性は否定できません。長時間のドライブなどにおいてはしっかりと対策をしておいたほうが良いことがいえます。

 

車内での紫外線対策はどうする?

次に、車内での紫外線対策方法について紹介していきます。
ひとつには車両の窓の部分に窓用UVカットフィルムを付けたり、車用サンシェードをつけるなどをして対策するという方法があります。

紫外線対策ができるアイテムとしては、UVカットスプレーと呼ばれるスプレータイプのものもあり、こちらは手軽にカーショップなどで購入できることから人気です。

肌の露出する腕に部分アームカバーを身に着けて一緒に対策すると、よりUVカットの効果が増します。

あとは日焼け止めクリームを塗ったり、UVカット効果のあるファンデーションや化粧下地をつけるなど、少しでも紫外線対策するようにしましょう。


スポンサードリンク


目からの紫外線対策も大切!

目からの紫外線もしっかりと対処しておく必要があります。その理由は、眼球に太陽光線が入ることによって、日焼けの原因となってしまうためです。

そのため、UVカット眼鏡やサングラスをつけておいたほうが、日焼けから身を守る事にもつながります。

レンズの色の濃さについては、UVカットにはあまり影響を及ぼしませんのでそこは注意します。選ぶポイントは可視透過率と紫外線透過率です。

可視透過率はレンズの濃さを表しますので、低いほど光をカットするということになります。紫外線透過率というのは、紫外線が何%透過するかを表すので、数値が低いほど紫外線をカットするという意味になります。

可視透過率と紫外線透過率の表示を確認した上で、最適なものを選ぶようにしましょう。また偏光サングラスも視界が見えやすいので、車の運転中にもおすすめです。

 

飲む日焼け止めで簡単に紫外線対策!

他にも、飲む日焼け止めを使って簡単に紫外線対策することが可能です。
飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」はサプリメントタイプで、1日2粒を目安に飲むだけでOKですし、いちいち塗る手間も省けます^^肌や目からの紫外線も保護してくれて、全身ケアができちゃいます。



ホワイトヴェールには、紫外線を浴びたときに発生しがちな「ニュートロックスサン」と呼ばれる、活性酸素を抑制してくれる効果がある成分が豊富に配合されているため、簡単に紫外線対策をすることが可能です。
また、美肌や美白に欠かせない美容成分もたっぷり含まれています。

90日間全額返金保証付きであり、いつでも定期コースの休止や解約ができることから使いやすいこともメリットといえるでしょう。

サプリだから、1日中OK♪カンタン太陽ケア【ホワイトヴェール】

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼