赤ちゃん・子どものヘアカット、家で散髪する方法やコツ、注意点は?


cut2

 
今回は、赤ちゃんや子どものおうちヘアカットに役立つ、カットテクを紹介していきます^^

自宅でカットする時に必要な道具
や、はさみの持ち方、基本的なカ
ットの仕方、注意点などもまとめ
ましたので、おうちカットははじめて。という方にも安心です☆


スポンサードリンク


おうちカットに必要な道具は?

 

カットに絶対必要な道具は、そんなに多くありません。
基本は、はさみとコームのみです。
他は家にあるもので代用できたり、100円ショップで手軽に購入できるものもありますので、必要に応じて探してみて下さい^^

絶対必要!3つの道具

①ヘアカット専用のはさみ
工作用のはさみは切れ味が悪く、
お子さんの髪を傷める原因にもなりますのでNGです。
刃が薄いものは切れ味が鋭いので
おすすめですが、子供用や、刃先が丸いものなら安心です。

 

②コーム
カットの時は髪をとかしながらが鉄則です。
長さを調節する時の基準としても使用します。
子供の頭皮に当たるので、先がと
がりすぎてない、丸みのあるものだと安心です。
ドライヤーと一緒に使用する場合
は、耐熱性があるものを選んだ方が髪が傷みにくいです。

 

③ごきげんグッズ
特に小さな子供をじっとさせるに
は「何かを食べさせる」か「何か
を見せる」のが一番効果的です。
お気に入り or 好きなおやつやDVD
を用意して、楽しい雰囲気を作ってあげると良いです♪

 

あると便利な道具

①すきばさみ
量が多い髪を減らす時や、毛先に
軽さを出す時、髪にふくらみをつ
ける時などに役立ちます。
カットの下準備や仕上げにも便利です☆

 

②ダッカール
カットの時、わけた髪や、違う部
分の髪を切らないようにとめてお
くためのもの。2〜3本は用意して
おくと良いです。なければ、ヘア
ゴムやヘアクリップでも代用可能です。

 

③ケープ
毛くずが付きにくいナイロン製のも
のがおすすめです。市販のヘアカッ
ト用ケープには、切った毛が散らか
らないものもあります。レインコー
ト、食事用エプロンなどで代用してもOKです。
また動きやすい砂場着なら、意外と喜んできたがることも☆
いやがる場合は、無理につけなくても大丈夫です。

 

④きりふき
切る前に髪をしめらせる時に使います。
アイロン用など家にあるものでOK
ですが、もし新しく用意するなら、
一回の操作で噴射する水量が多い
ものを選ぶと、スピーディーにカ
ットを進められます。
子供の髪は大人より量が少ないの
で、ぬれタオルや手で水をつける方法でも代用できます。

 

⑤ヘアーカッター
切りたい長さに応じて、ガード部分を替えて使います。
コードレスで使用する時は、使用
前にしっかり充電されているかチェックしておきましょう。
刈り上げ、ショートからロングヘアまで可能です。

 

⑥カミソリ
髪を引っ張って毛先にすべらせて使います。
市販の女性用カミソリでOKです。
慣れれば、はさみより早く簡単に
シャギーが入れられるので便利です☆

 

赤ちゃんカットにおすすめグッズ

①ベビー専用はさみ
指入れ穴が3カ所あるので、ぐらつく心配なしです。
はさみも小さめで刃先も丸いので、ベビーの頭に合います。

 

②ヘアーカッター
刃が肌にふれないようになっている、ベビー・キッズ専用のカット器具です。
じっとしていられない小さな子にも安全です^^


スポンサードリンク


どこで切るのがおすすめ?

 

子供が落ち着ける場所ならどこでもOKです。
ただし暗いと失敗の原因にもなる
ので、明るい場所で行いましょう。

リビングでテレビやDVDをみせながらカットしたり。
また、お風呂場、ベランダ、玄関
など後片付けのしやすい場所もおすすめです。

 

これだけは覚えておきたい、ヘアカットの基本はコレ!

 

カットの基本は、はさみの持ち方と、少しのポイントだけです。
赤ちゃんの髪をカットする場合は、
場所やタイミングに気を配れば、
ぐずらせることなくカットできます^^

k

 

①一度にたくさん切らない

一つにまとめて一度に切ってしま
うと、切り口がバラバラになりが
ちですので、毛束を少しずつ分け
て切っていきます。
また、一度に切りたい長さにカッ
トすると、短くなりすぎることがあるので注意です。

 

②ハサミは縦か斜めに入れる

はさみを髪に対して真横に入れて
しまうと、ぱっつんとしたラインになって古くさい感じに。。
はさみを縦か斜めに入れると、自
然なラインに仕上げることができます^^

 

はさみの持ち方

 

はさみの指穴に親指と中指を入れ、
親指だけを動かしてカットするのがコツです。

 

カットの構え方

 

カットする時に無理な姿勢だと、
失敗の原因になりますので、正し
い姿勢で構えることが大切です。

また相手は子どもなので、なかなか
じっと椅子に座ってくれませんが、
ハサミで怪我をさせたりすることが
ないように、うまくお子さんの気を
ひいて、落ち着いてカットに取り組みましょう。
お母さんがお子さんの動きに合わせてあげることも大切です^^

 

☆正しい構え方

切る部分の正面に回り、切る髪の位置に目の高さを合わせるようにします。
ひざを床についてもOKです。

 

赤ちゃんにおすすめの方法

①寝ている時にきる
動いたり、はさみを怖がる心配もありません。ただ、全体のバランスがとり辛いので、前髪や耳まわりなど、気になる部分だけのカットにしておくのがベターです。

 

②抱っこして切る

動きが読めない赤ちゃんは、パパに抱っこしてもらってカットすると安心です☆
パパも毛くずだらけになるので、ケープを着ておくと良いです。
反対に、ママが抱っこしながら、パパがカット、などの方法も成功率が高いです^^
1才以上、おすわりのできる赤ちゃんは、安定性のある椅子などに座らせるのも良いです。

 

③コロコロで簡単おそうじ

ケープがきらいな赤ちゃんの場合は、普段着のままで切って、最後に粘着ローラや粘着テープで掃除します。少量カットならこれでOKです^^

 

安全で失敗しない、赤ちゃんのカット方法の解説動画もありましたので、こちらも参考にしてみて下さい↓↓

 

赤ちゃんや子どもの前髪カット法も☆

 

こちらでは、赤ちゃんや子どもの前髪を失敗せずにカットする方法をまとめています☆

子どもや赤ちゃんの前髪、自宅で失敗せずにカットする方法やコツ

 

「前髪だけちょこっと切りたい」という場合にもおすすめです^^
カットテクをマスターして、お子さんの髪を、おうちで楽しみながらカットしてみて下さいね☆

 

キッズのヘアスタイル特集もアリ★

 

さらにこちらでは、女の子・男の子、赤ちゃんまで、色々な場面で使えるキッズヘアカタログ特集もアリです☆

キッズのヘアスタイル特集はこちら

 

お子さんの髪型の参考にもなりますので、チェックしてみて下さいね♪

 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼