2017年7月の新月(獅子座)と七夕に願い事を叶えよう!例文もあり


2017年7月は、獅子(しし)座の新月です。
7月といえば、七夕もありますね☆ 短冊にお願いごとを書いて笹に結びつける。というのが有名ですが、新月にも願い事を紙に書くと、叶う。といわれています!7月は七夕&新月という、願いが叶う絶好のチャンスです♫

今回は、新月の願い事に最適な時間やボイドタイム、お願い事の例文などもまとめましたので、参考にしてみて下さい☆


スポンサードリンク


7月新月の願い事をするのに効果的な時間帯は?

新月の始まる時刻
2017年7月23日(日)18時46分
新月から48時間は願い事の効果があります。
2017年7月23日(日)18時46分 ~ 25日(火)18時46分
新月が開始から8時間以内が、願い事を叶えるパワーが最大です!
2017年7月23日(日)18時46分 ~ 24日(月)2時46分

 

2017年7月 新月のボイドタイムの時間帯はいつ?

今回は、下記の時間帯がボイドタイムです。

2017年7月25日(火)18時23分 ~ 19時33分

ボイドは「無効」という意味が含まれており、お願い事をするのにも適しない時間帯なのです。ボイドはお願い事をするのにも適しない時間帯で、できるだけ避けた方がよいです。
しかし、願い事をしてはいけないわけでは無いですので、都合よいタイミングで、お願い事をすると良いですよ★

 

新月のお願い事のやり方は?

お願い事の書き方も、とっても簡単★ まず、用意するものは紙とペンのみ!
そして、手書きでお願い事を書くだけでOKです^^
※携帯やパソコンなどで打つのではなく、できるだけ手書きが望ましいです◎

詳しいお願い事の書き方に関しては、こちらにまとめているので参考にして見てください。
新月 お願い事の書き方ってどうするの?

 

2017年7月は獅子座の新月!

今回の新月は「獅子座」になります。獅子座のテーマに関するお願い事を入れると、より叶うパワーがアップするのでおススメです^^


獅子(しし)座の願い事の得意分野は?

獅子座の守護星は「太陽」です。自ら輝き、中心的存在になる力強さをもっています。
人生の主役に輝く事も、獅子座のパワーで後押ししてくれます^^

また、創造すること、エンターテーメント、ロマンスなども得意分野。自らの欲求に従い、どんどん自己表現をしていく事で、自分らしさを見い出す事ができたり。

これまで、引っ込み思案でなかなか前へ出れなかった。人前に立つ事が苦手だった。という方も、自分の持ち味を存分に発揮し、主役になるチャンスでもあります★


スポンサードリンク


新月が獅子座にあるときに願うと、実現しやすいこと

獅子(しし)座の新月の願いごとの例

以上、願い事の例をいくつか挙げましたが、こちらはあくまで例です。

そのままそっくり写すのは、効果があまり望めません^^; なので、例文は参考程度にして、自分が心からお願いしたい事を、自分の言葉で書くようにした方が良いです☆

そして、お願い事を考えるのは、必ず新月がスタートしてから。それまでに願い事を考えたり、書いても効果が望めないので注意です!

 

次回、2017年8月の新月カレンダーをチェック!

次回の新月は乙女座です。

新月スタート日時は
2017年8月22日(火)3時30分
です☆

 

満月には金運がアップ!?

また、満月にお財布の月光浴をすると、金運がアップするそうですよ☆
満月にお財布フリフリで金運アップ!やり方は?

 

七夕と新月にお願い事をして、沢山の奇跡を起こしましょうー☆


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼