十三参りの意味・由来や時期はいつ頃?振り返らないのはなぜ?


こちらでは、十三参りについて色々と紹介しています。
十三参りとは何なのか、意味や由来、そしていつ頃行われるのか。また作法やマナーなどについてもまとめました。


スポンサードリンク


十三参りとは? 意味や由来について

十三参りとは、男女とも数え年で13歳になった時に行われるお祝いで、このお参りが始まったのは、江戸時代中頃と言われています。

数え年で13歳といえば、男子の成人を意味する元服の年、そして女性の場合は初めての厄年となる年でした。そのため、元服と厄除けとして行われていたのが由来となりますが、現在は子供の健やかな成長と幸せを祈る為に行われるお参りとなっています。
更に、京都の虚空蔵菩薩を参拝する場合は、知恵を授かるという意味合いも加わります。

ただ、このお参りは全国的に行われているかといえばそうではありません。最も盛んに行われているのは京都で、地域によっては知らない、行わないという事も多く、全国各地で行われている訳ではありません。

 

十三参りの時期について

お参りをする時期はいつ頃が良いのか? 何歳になればお参りをすれば良いのか?と悩む人は少なくありませんが、現在は、小学校を卒業して中学校に上る前に、寺社に参拝をするという形が一般的となっています。

旧暦であれば3月13日前後、新暦であれば3月13日から5月13日の間に行います。


スポンサードリンク


十三参りの時の男児・女児の服装は?

そんな13参りを行う時は、男子は羽織袴、女子は大人の寸法と変わらない晴れ着というのが正式な礼儀となります。

女の子の場合、着物は肩上げをした状態で参拝をし、帰宅してから糸を解くというのが正式な礼儀となります。

ただ、これは正式な礼儀にこだわった話で、現在は紋付袴や着物にこだわる必要はなく、学生服やスーツ等、様々な服装で参拝をしています。

こちらの記事でも、男児、女児の服装についてそれぞれ詳しく紹介していますのでご参考ください。
十三参りでの女の子の服装でおすすめは?着物の場合は肩上げする?

十三参りの服装、男の子は羽織袴?スーツや制服でもいいの?

 
親の服装についても知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。
十三参りで母親・父親は何を着る?着物以外の服装でもいいの?
 

十三参りの作法について

お参りの時には、半紙に好きな漢字を一文字書いて奉納するという事が一般的です。急に文字を書く事になった場合、焦ってしまうという人は、事前に書く漢字について考えておくと良いでしょう。
その後は祈祷を受け、お守りやお供え物をいただき帰るという形になります。

 

振り返らないのはなぜなの?

祈祷が終わればお参りは終わりというイメージを持つ人もいますが、十三参りでは寺社を出るまでが気を抜かない事が重要になってきます。

このお参りの作法のひとつに、振り返らないという事があります。これは、参拝をした後に振り返ると、そのお参りの時に授かった知恵や様々なものがなくなってしまうという言い伝えがある為です。ですから参拝が終わったら、寺社を出るまで振り返る事がないようにしておく事が大切です。

 

十三参りは全国的に行われているものではありませんが、13歳というのは悩みも多い時期です。ですから、この時期をより良いものにしたいのであれば、このタイミングでお参りをしておく事がおすすめです。


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼