十三参りで母親・父親は何を着る?着物以外の服装でもいいの?


今回は十三参りのときに着る、母親と父親の服装について紹介していきます。

「十三参りのとき、親は何を着ればいいのかな?」「着物以外でも大丈夫かな?」など、服装選びに迷っている親御さんも参考にされてみてください^^


スポンサードリンク


十三参りでは、男女とも正装してお参りするのですが、基本的には着物とされています。
これは、昔からの風習が残っているためです。というのも、昔は十三歳で大人と認められてから着物の仕立てを子ども用から大人用に代えていたからです。いわゆる本裁ちの着物を作り、お参りしていました。

ただ、現在ではそういった「大人への儀式」というよりは「智慧を授けてもらう」「開運を祈願する」といった面が大きいので、こだわらなくてもよいでしょう。

 

十三参りのときの子供の服装について

男の子は中学などの制服といった場合も多いですし、小学校の卒業時に来たスーツという方もたくさんいらっしゃるようです。もちろん袴を着る方もいらっしゃいます。レンタルを利用すれば着付けなども手間いらずです。
(関連記事:十三参りの服装、男の子は羽織袴?スーツや制服でもいいの?)

女の子が着物を着る場合は、大人用の着物を肩上げして着ることが多いようです。母親が成人式で着たものを使われるといったケースもあるようです。
こちらもレンタルを利用すれば帯も好きに選べますし、髪飾りなどもあわせて借りられますので便利です。洋装であっても、スーツやワンピース、制服などきちんとした格好であれば大丈夫です。
(関連記事:十三参りでの女の子の服装でおすすめは?着物の場合は肩上げする?)

 

十三参りでの母・父親の服装について

そして親の服装が気になるところですが、こちらも和装、洋装どちらでも構いません。お子さんが和装の場合には、母親も訪問着を着てあわせるとより華やかな印象になりますが、スーツなどのきちんとした格好であればどちらでもOKです。

着物以外の服装でも、子どもの成長と今後のことを祈願する行事なので、普段着ではなくきちんとし、髪型や化粧も必要以上に派手にしないようにしましょう。もちろん、お参りのあと記念撮影をするときなどは少し華やかにしてもかまいません。

父親は圧倒的にスーツの方が多いようですが、もしお子さんが和装ならばそれに合わせて和装にするなど、家族で服装をそろえるのもいいでしょう。
下記の動画では家族そろって着物姿ですが、記念撮影のときも統一感がでていいですね^^

 


スポンサードリンク


十三参りの時期や作法について

 

十三参りは春休み~ゴールデンウィークごろに行われる行事です。男女とも、数え年で十三歳になる年の春に寺社に詣でて、多福・開運を祈願する行事です。

昔は十三歳で男の子は元服、女の子は初潮を迎え大人になるとされていましたので、節目と捉えられていました。

また、高野山に真言宗を開いた空海が、虚空蔵求聞持法を習得すると飛躍的に記憶力が増したという言い伝えにより、虚空蔵菩薩が十三番目に誕生したという話にあやかって十三歳でお祝いするとされています。

現在では、小学校を卒業して中学校に上がるころとなりますので、春休みにお参りする方も多いようです。

お参りを終えた後、鳥居をくぐるまでは後ろを振り返らない、といった言い伝えもあり、まさに大人へのスタートを切る十三参り、前に前に進む子どもたちの幸せを祈る行事です。
こちらの記事「十三参りの意味・由来や時期はいつ頃?振り返らないのはなぜ?」で詳細をまとめているので、気になる方は見てみてくださいね^^
 


スポンサードリンク


 

ダイエット特集はコチラ▼

 
酵素ダイエット
 

関連記事はコチラ▼